Galaxy Foldで大ヒットのサムスン、次はローラブル機能も加えるか?

サムスンがフォルダブルフォンとローラブルフォンを合わせた新しい概念のスマートフォンを開発中であることが明らかになり、話題を呼んでいる。韓国メディア「betanews」が報じた。

米ITメディア「フォンアリーナ」は現地時間で12月17日、サムスンが折り畳み式と巻き取り式のディスプレイ技術を一つに組み合わせたスマートフォンの特許を出願したと伝えた。

サムスンがWIPO(世界知的財産権機関)に特許出願を申請した内容は、フォルダブルディスプレイとローラブルディスプレイ技術をすべて採用する「折り畳み式スライディング作業が可能な電子装置」という説明だ。

サムスンは従来、画面を折りたためるGalaxy Z Foldスマートフォンを発売したが、現在では画面を巻いて展開できる「Galaxy Zロールスマートフォン」の開発も行っている。

特許によって知られた製品は全部で4つの形態を持つ。

第一に、普段はほかの製品と同様、バータイプのスマートフォンの形を持つ。
この方式は一般スマートフォンのように活用する時に使われる。

第二に、ローラブルディスプレイを押してタブレットのように広いディスプレイ形態を持つ。
この方式はタブレットのように広い画面が必要な時に使用される。

第三に、ローラブルディスプレイを押した状態で、フォルダブルディスプレイを上に折り曲げて「L」字型を作る形態だ。
この方式はGalaxy Z Foldの「フレックスモード」のように画面をL字にしてノート型パソコンのように画面を見ながらタイピングをする時に使われる。

第四に、ローラブルディスプレイを引いた状態で、フォルダブルディスプレイを折って「L」字型を作った形だ。
この方式は、机の上にスマートフォンを置いて、動画を見る際、この形で使われる。

ある人はこれを見て、最終形態がGalaxy Z Foldに似た「バータイプ」/「タブレットタイプ」/「フレックス(L字)タイプ」に変わるが、あえてこの製品を選択しなければならないのかと疑問を抱く。

しかし、この特許製品の特徴は明確だ。

第一に、2つのディスプレイと3つのカメラモジュールが必要ないということだ。そしてディスプレイの折れ目が残らないという点だ。

Galaxy Z Foldはカバーディスプレイとメインディスプレイの計2つのディスプレイモジュールを使用するが、特許文書の製品は一つのディスプレイでローラブルとフォルダブルを全て実現するため、コスト削減などの効果を享受できる。

また、Z Foldはカバーディスプレイとメインディスプレイ用セルフィーカメラ、そして背面のメインカメラなど計3ヵ所にカメラが設置されるが、特許文書の製品はディスプレイ用セルフィーカメラ1ヵ所と背面のメインカメラ1ヵ所だけカメラが設置されれば済むので、相対的に費用が減少する。

また、Z Foldはメインディスプレイを180度折る方式なので画面にしわ(折れ目)ができるが、特許の方式は画面を90度以上畳まないため、しわがずっと減る可能性がある。

※図面は海外メディア「91mobiles」より。

参考記事:GalaxyS21FEは発売の見通しも…発売時期はフォルダブルフォン次第か
参考記事:ファーフェイ、ローラブルフォン国際特許出願…指で画面サイズ調節可能
参考記事:サムスン電子、カメラ搭載「ローラブルスマートウォッチ」の特許出願

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP