サムスン・SKハイニックス、超極薄箔も脱日本に向け国産化割合拡大へ

半導体素材の一つである銅箔分野の日本依存度を下げる作業が順調に進んでいる。サムスン電子とSKハイニックスが、韓国内の協力会社の使用割合を高めているという。韓国メディア「Digitaldaily」が報じた。

業界によると、サムスン電子は18日、半導体のパッケージに使用される2マイクロメートル(㎛)の超極薄箔(Ultra-Thin Copperfoil)韓国産の割合を拡大している。

超極薄箔は銅の薄い膜だ。2㎛は髪の毛の太さの50分の1の水準だ。微細回路製造工法(MSPA)の中心素材としてモバイル、着る(ウェアラブル)機器など印刷回路基板(PCB)に活用される。

サムスン電子は今年2月から、「イルジンマテリアルズの超極薄箔」を適用した。これまで「超極薄箔」は、日本の三井金属が事実上独占してきた。イルジンマテリアルズは2011年、東日本大震災で日本の超極薄箔の輸入に支障を来たしたことをきっかけに関連製品の開発に乗り出した。

SKハイニックスはソルース先端素材と協力している。昨年10月に2㎛超極薄箔を提供した。今月、SKハイニックスから半導体用の超極薄箔素材に対する最終承認を得た。

半導体業界関係者は「2019年の日本輸出規制後、主要素材に対する国産化作業が本格化した。サムスン電子とSKハイニックスが国産の超極薄箔を使うことになった部分も肯定的な結果」と説明した。

一方、イルジンマテリアルズやソルース先端素材は、電気車向け銅箔の生産能力も増大している。イルジンマテリアルズは、国内の益山(イクサン)やマレーシアで銅箔を量産している。ハンガリー進出を予告した。米国やスウェーデンなどにも施設投資が行われる見通しだ。ソルース先端素材はハンガリー工場を稼動している。先月はカナダ工場を構築することにした。

参考記事:サムスン電子とTSMC、「超極微細」3ナノ半導体生産工程で顧客獲得競争
参考記事:韓国ソルース社、特殊銅箔の量産に成功…エアバスに供給
参考記事:韓国企業が「日本が独占する極薄銅箔の国産化に成功」発表…サムスンの半導体に適用へ

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP