サムスン「Galaxy S22 ultra」カラーも「Galaxy Note」に似たデザイン

サムスン電子が来年2月に発表するフラッグシップスマートフォン「Galaxy S22」シリーズのデザインを確認できる公式イメージが流出した。韓国メディア「電子新聞」が報じた。

サムモバイルなど海外の主要メディアは21日(現地時間)、ITチップスター(情報流出価格)のベン・ゲスキン(@BenGeskin)のツイートを引用して、S22シリーズの公式マーケティング資料と推定されるイメージを公開した。左側にはシリーズ最上位モデルの「S22ウルトラ(Note)」が、右側には「S22プラス」モデルが見える。

特にブロンズ色のS22ウルトラが目立つ。先の流出によると、S22ウルトラは△ブラック、△ホワイト、△ダークレッド、△グリーンの4つのオプションで提供されると知られていたが、新たなローズゴールド系が追加される可能性が提起されている。

S22ウルトラの全体的な外見は「Galaxy Note」に似ている。角張ったエッジ角は長方形の形に再設計された。カラーもGalaxy Note20シリーズ「ミスティックブロンズ」カラーを想起させる。

業界によると、サムスンはGalaxy Noteの生産中止ニュースに、Noteシリーズの存続を希望する消費者の声が高まり、ブランド戦略を再度見直しているという。

製品名もウルトラの代わりに「Galaxy S22Note」を付ける案が挙がっている。事実上、販売中止の手順を踏むと知られているGalaxy NoteをフラッグシップSシリーズがデザイン・製品名・機能まで一部継承するという説明だ。

S22ウルトラの背面カメラモジュールは5つのカットアウトが入った「水玉」の形だ。前作でカメラ全体を取り囲んでいた「カメラ島」がなくなり、最終的にLG電子のベルベットに似たデザインが採択された。

今年に姿を現わさなかったGalaxy Noteの「後続作」であるだけに、Sペン専用スロット(収納スペース)などGalaxy Noteの核心機能を搭載する。Noteシリーズのように、ペンを機器に収納できる形で、「S21ウルトラ」や「Galaxy Z Fold3」とは違って、Sペンをケースなどに別途保管する必要がない。

S22シリーズのアプリケーションプロセッサー(AP)は発売地域によってはクアルコム最新作「スナップドラゴン8 第1世代」またはサムスン「エクシノス2200」が搭載される。エクシノス2200はサムスン電子の4ナノメートル(nm)ファウンドリー工程で生産され、前作より性能が約30%改善されたという。特に、AMDとコラボしたグラフィック処理装置(GPU)が装着され、これまで弱点とされてきたグラフィック性能を引き上げるものと期待されている。

一方、Galaxy S22シリーズは来年2月、グローバルアンパックを通じて公開される見通しだ。海外メディアを中心とした発売日は2月18日だ。新年2月末に開かれる世界最大情報通信技術(ICT)展示会「モバイルワールドコングレス(MWC)」の開催より先に発売される日程だ。

参考記事:Galaxy S22からZ Flip 4まで…サムスンの2022年新製品展開に高い関心
参考記事:Galaxy S22、2月末発売か…Noteシリーズに代わって未来を担う役割も
参考記事:GalaxyS22、来年2月発売へ…エクシノスAPは採用されない可能性も

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP