LGディスプレイ、CESで次世代パネル「OLED.EX」など革新技術を公開へ

LGディスプレイは3日、世界最大のIT・家電見本市「CES2022」で、「Display Your Universe」というテーマで様々なディスプレイ革新技術を公開すると明らかにした。韓国メディア「DigitalToday」が報じた。

LGディスプレイは今回の展示で重水素・個人化アルゴリズムで画質を革新した「OLED.EX」、日常生活空間の未来像を提案する「透明・フレキシブルOLEDソリューション」、IT向けハイエンドディスプレイ技術「IPS Black」、「ゲーミングOLED」、そして「ノートパソコン向け17インチフォルダブルOLED」などの技術を披露する予定だ。

まずLGディスプレイは画質を革新した次世代OLEDテレビパネル「OLED.EX」を本格的に発表する。

「OLED.EX」は自ら輝く有機発光素子に重水素技術と個人化アルゴリズムからなる「EXテクノロジー」を採用し、画質を改善したOLEDテレビパネルだ。画面の明るさ(輝度)を30%高め、自然の色はより精巧に再現した。また、画面の枠組み(ベゼル)を従来比30%縮小させた。OLED.EXは今年第2四半期からOLEDテレビパネル全シリーズに採用される予定だ。

LGディスプレイは透明OLEDソリューションで日常生活空間の未来像を提示する。

透明OLEDは、従来のガラスに取って代わるほど、透明度が高く、鮮明な画面を実現するOLEDの強みを生かした技術だ。LGディスプレイは、透明OLEDが薄くて軽いため、交通や建築など、多様な産業分野で活用度が高いものと期待している。

今回の展示ではショッピングモールなど商業施設用の新概念の透明製品を公開する。特に、従来55インチの透明OLED1枚で製作していた「透明ショーウィンドウ」を上下左右に4枚つなげて拡張された形態で登場する。LGディスプレイは、同製品は売場の大きさに合わせて横に無限拡張が可能だと説明した。

また、透明OLEDに陳列台を組み合わせたプロモーション用「透明ショーケース」も公開する。陳列された商品と商品情報、グラフィック効果などを一緒に提供し、広告効果を極大化できるのが特徴だ。

地下鉄の窓ガラスに運行スケジュール、位置情報、天気予報などを表示する「地下鉄ウィンドウ用透明OLED」も披露する。LGディスプレイは、モビリティ分野でこのような製品が拡大採用されれば、場所に適した情報をAR(拡張現実)のようにガラス窓に実現できると見込んでいる。

このほかにもオフィスの外部窓に透明OLEDを採用した「透明スマートウィンドウ」、インテリア用ホームスクリーンコンセプトの「透明シェルフ(Shelf)」も一緒に紹介する予定だ。

同日にLGディスプレイは未来型フレキシブルOLEDソリューションも一緒に公開する。55インチフレキシブルOLED3台を床から天井まで連結した「バーチャルライド」と画面から音が出る55インチカーブドCSO(Cinematic Sound OLED)パネルとリクライナーソファを組み合わせた「メディアチェア」が代表的だ。

LGディスプレイの「ゲーミングOLED」はLCDゲーミングモニターに比べ10倍速い応答速度と逆残像のないスムーズな画面、没入感あふれる究極の画質、長く集中しても目が疲れにくい利便性などが長所だ。LGディスプレイはこうしたゲーミング最適化の48インチ・42インチOLEDディスプレイを今年に発売する計画だ。

これと共に、世界最大17インチのフォルダブルノートパソコン向けOLEDを、必要に応じてタブレットやノートパソコン、ポータブルモニターなどに活用し、トータルタッチソリューションが搭載され、フィンガータッチとペンタッチ両方とも使用できるようにする予定だ。

LGディスプレイはこの日、IT向けプレミアムLCD技術「IPS Black」を初めて公開する。

IPS Blackは従来のIPS製品よりさらに35%深いブラックを実現し、コントラスト比、視野角、暗い部分での繊細な色の表現を向上させた技術だ。ディテールに敏感な専門家のために、実際のような圧倒的な鮮明さと正確なカラーを表現した。目を楽にするため、ブルーライトの発生量を下げた。また、上下左右画面のフレームがほとんどないLGディスプレイならではの4面ボーダーレスデザインを提供する。今回の展示では「IPS Black」が採用された27インチUHDモニター用製品が公開される。

今回の「LGディスプレイCES2022」展示製品は1月4日午前10時(韓国時間)から3月31日までCES公式ホームページでオンラインを通じて顧客企業対象に公開される。LGディスプレイニュースルームが運営する開放型展示を通じて誰でも常時観覧できる。

参考記事:LGディスプレイ、サムスン電子に大型OLEDパネルを長期供給の可能性大
参考記事:「次は鉄道だ」…LGディスプレイ、透明OLEDの大衆化に向けアクセル
参考記事:第3四半期業績が伸び悩むLGディスプレイ…OLED強化・LCD再編に乗り出す

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

サムスン電子&SKハイニックス、半導体前工程装備の国内協力会社拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051202/

下半期「Flip戦争」予告…サムスン「Galaxy Z Flip4」完成度高く価格は安く
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051201/

「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051103/

Load More...
TOP