「半導体の春が来る」…サムスンとSKのメモリ半導体価格、再び上昇か

DRAM・NAND型フラッシュメモリなどメモリ半導体価格が予想とは異なり、下落傾向が鈍化している中、パソコン、サーバ、高性能半導体の需要増に支えられ、今年は価格が上昇する見通しだ。オミクロンの拡散でサムスン電子が生産量を減らしたのも価格上昇要因の一つに挙げられている。韓国メディア「イーデイリー」が報じた。(写真:サムスン電子)

証券業界は5日、メモリ半導体メーカーのサムスン電子とSKハイニックスの今年のメモリ部門の売上高と営業利益を、従来の推定値より上方修正した。韓国投資証券のイ・ウォンシク研究員は「2022年のサムスン電子のメモリー部門の年間売上高の推定値を既存の82兆6000億ウォン(約7兆9811億円)から89兆2000億ウォン(約8兆6189億円)に、営業利益の推定値を既存の28兆ウォン(約2兆7055億円)から34兆1000億ウォン(約3兆2949億円)にそれぞれ8%、22%上方修正する」と説明した。ユジン投資証券のイ・スンウ研究員も、SKハイニックスの営業利益について、「2022年の営業推定値を従来の12兆2000億ウォン(約1兆1788億円)から13兆9000億ウォン(約1兆3431億円)に14%上方修正した」と分析した。

これは今年、年間DRAMとNAND価格の下落幅が前年より縮小すると予想したためだ。韓国投資証券は、年間DRAM価格の下落幅が既存の-11%から-5%に、NANDの場合は-13%から-7%に上方修正したと解釈した。

メモリ価格が回復し、下落幅が縮小するという見通しの背景には、パソコンとサーバなどセットメーカーが保有している在庫の減少が挙げられている。KB証券は、DRAMの在庫が前四半期比30%減少したと分析した。また、最近デル、ヒューレットパッカードなどグローバルPCメーカーが7ヵ月ぶりに半導体の注文量を増やし、パソコン向け半導体の注文が増加する傾向に転換している。

サーバ向け半導体の需要も増えるものとみられる。KB証券のキム・ドンウォン研究員は「今年のサムスン電子のDRAM需要は北米4大データセンターを中心に前年比20~23%増えると予想される」とし「DRAM在庫が減少し、メタバースプラットフォーム構築のための先制的なサーバ投資が必要だから」と説明した。

メタバースと人工知能分野をリードするマイクロソフト、グーグル、アマゾンなどの主要データセンター企業が先月も注文量を引き続き増やし、DRAMの購買に意欲を示している。特に、新しいDRAM標準であるDDR5が適用されたDRAM価格は、既存製品より少なくとも30%以上に上がるものとみられる。

業界のある関係者も、「最近は顧客需要を考慮し、サーバーや車両向け高仕様半導体生産を増やす傾向にあり、価格が上昇せざるを得ず、これを受け、ほかのモバイル・パソコン半導体価格の下落幅も減少するだろう」と述べた。

中国政府の西安地域封鎖措置により、DRAMやNAND供給への支障が続く状況も、メモリ価格の上昇要因となりかねない。サムスン電子とSKハイニックスなどがメモリ供給を受ける企業との価格交渉でさらに有利に働く可能性があるという話だ。これに先立って、サムスン電子の唯一の海外メモリ工場である西安NANDフラッシュ工場は、西安封鎖令で生産を一部縮小し、相当期間、生産日程に不安要素が加わるものと見られる。

ただし業界では「価格を上げる戦略よりは顧客の納期を合わせることが重要だ」とし、価格交渉の可能性については一線を画した。

一方、昨年に半導体の冬が到来するとの懸念とは裏腹に、昨年第4四半期はメモリ半導体の下落傾向が停滞している。先月、DRAMエクスチェンジによると、当時、DRAMパソコン向け汎用製品であるDDR4 8Gb(ギガビット)の平均固定取引価格は平均3.71ドル(約430円)で、前月の11月と同じだった。同製品は先月も前月比変動のない価格を維持した。一般的にDRAM固定取引価格は四半期別の物量供給を契約し、3ヵ月ごとに変動する傾向を見せている。8GB DR4モジュール価格は31.7ドル(約3670円)で、先月と同じ水準を見せた。

参考記事:韓国大手、メモリ半導体の暖かい冬に沸く…「スーパーサイクル」到来
参考記事:半導体の冬はもう終わりか…オミクロン流行の「パラドックス」
参考記事:サムスン、4Q半導体の営業利益10兆ウォンに迫る…来年の見通しも良好

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP