双竜自、初EV「コランド・エモーション」事前契約開始…高コスパ注目

双竜(サンヨン)自動車が最初の電気自動車(EV)「コランド・エモーション」の正式発売を控え、11日から事前契約を実施すると10日、明らかにした。韓国メディア「ajunews」が報じた。(写真:双竜自動車)

コランド・エモーションは、双竜車のコランドプラットフォームを活用した国内初の準中型電気SUVだ。高い価格競争力とSUVの特徴をそのまま生かした点が魅力の要因だ。

コランド・エモーションの販売価格(個別消費税3.5%)はトリムに応じて△E3は4056万5000ウォン(約391万円)、△E5は4598万7000ウォン(約444万円)だ。電気車に対する税制優遇措置を適用すれば、△E3は3880万ウォン(約374万円)、△E5は4390万ウォン(約424万円)と価格が安くなり、政府や自治体の補助金などの支援を受ければ、2000万ウォン(約193万円)台後半で購入できる見通しだ。

コランド・エモーションの外観デザインは、空気力学を考慮した流線型ラインやフカヒレをモチーフにしたバンパー、密閉型ラジエーターグリル、立体的で簡潔なリアランプなどが、e-SUVのハイテクイメージを完成させている。側面はシャープなキャラクターラインで躍動感を与えた。

室内のデザインはハイテクな感性が調和したデジタルインターフェース「ブレイズコクピット」で実現した。12.3インチのフルデジタルクラスターをはじめ、9インチインフォコンAVN、インフィニティムードランプなどの組み合わせで先端技術とシックなイメージを強調している。車のキーがなくてもスマートフォンだけでヘッドランプの作動からドア開閉、空調機能のコントロール、バッテリー充電の状態などを確認できる。

特にドライバーに馴染みやすく、操作しやすいレバータイプの電子式変速システム(SBW)と高効率・高出力駆動システムを搭載し、魅力的な電動化経験を提供する。パワートレインは最大出力140kW(190ps)、最大トルク360Nm(36.7kg.m)モーターを搭載し、能動型走行安全補助技術のインテリジェントアダプティブクルーズ・コントロール(IACC)を含む最先端走行安全補助システムのディープコントロール、8つのエアバッグを装着した。

車体は、超高張力や高張力鋼板を74%採用し、頑丈な車体構造を備えている。ユーロNCAPの安全性評価で5スターを獲得した。積載空間は551ℓ(VDA基準)で、ゴルフバック4個(またはベビーカー2個)と旅行用手提げかばん4個を同時に収納できる。

双竜車は、初の電気SUVモデルの発売を記念し、事前契約を行う顧客に対し、緊急状況時に220V充電が可能な携帯用充電ケーブルや、車両充電代行が可能な充電ピックアップ&デリバリーサービス券(5回)などを支給する。

参考記事:韓国の双竜自動車が日本で販売?「ヒュンダイも撤退したのに…」 韓国紙が関心
参考記事:韓国自動車メーカー5社の10月販売台数が減少、原因は半導体供給不足
参考記事:車からスマホまで半導体不足が深刻…中国電力難にメモリも「緊急事態」

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP