韓国Kバッテリー各社、2025年までに米国生産設備比重を70%まで拡大へ

2025年までに米国内で建設予定の13個の大規模バッテリー生産設備のうち、11個が国内バッテリー3社であるほど、Kバッテリー設備の比重が大きく拡大する見通しだ。韓国メディア「新素材経済」が報じた。(写真:新素材経済)

韓国産業通商資源部(産業省)によると、現在フォードやSKオン、GMやLGエナジーソリューション、ステランティスやLG、そしてサムスンSDIが合弁工場を設立し、設備を構築する予定だ。

電池産業協会によると、現在米国内で稼働中の韓国企業のバッテリー設備は、米国の全生産設備の10.3%にすぎない。しかし、発表された計画が推進される場合、2025年までは設備比重が米国全体の70%水準まで拡大する見通しだ。

特に電気車普及率の高い欧州では、Kバッテリーの市場シェアが圧倒的だ。欧州連合地域は2017年から進められてきた韓国企業の先制投資で、すでにKバッテリー3社が大半を占めている。

世界市場調査会社のSNEリサーチによると、欧州連合内のバッテリー生産設備のうち、韓国企業が占める割合は64.2%で、昨年の韓国3社によるEU市場での販売シェアは71.4%に達した。このような競争力維持のため、韓国国内企業は現在の規模を2025年までに2倍に拡大する計画だ。

ただ、規模が最も大きい中国は、自国メーカー各社が市場80%以上を占めており、韓国企業の業績は10%未満のシェアで、EUや米国市場より相対的に低迷している。しかし、中国を除くグローバル市場シェアは韓国企業が半分以上を占めるなど圧倒的1位を達成しており、今後2025年までEU、米国などの市場で韓国企業の善戦は続くものと見込まれる。

一方、2017年比2020年バッテリー4大素材(正極材、負極材、電解液、分離膜)企業の売上高は2~8倍に増えた。昨年の売上高は2020年比20%以上増加する見通しだ。

また、2020年基準で国内素材企業6社(エコプロビーエム、ポスコケミカル、エンケム、ソールブレイン、SKIET、ダブルユースコープ)がグローバルトップ10に入った。

さらに、二次電池の中核原材料の安定需給に向けた努力も活発だ。中国から主に輸入している水酸化リチウムの場合、バッテリー3社を中心に豪州、チリ、アルゼンチンなど輸入国の多角化を進めている。また2025年の国産化率37%を目標にポスコ7万トン、エコプロ2万6000トンなど国内設備投資とバッテリーリサイクルを推進している。

ニッケルとコバルトの場合、バッテリー3社とポスコなどが鉱山企業の持分投資と長期購買契約を通じて物量を確保し、前駆体は国内生産工場の設備を2020年の4万7000トンから2025年には25万7000トンへと5倍以上増やす。

黒鉛は人造黒鉛の場合、ポスコケミカルが2023年までに1万6000トンの生産設備を構築し、天然黒鉛はポスコがタンザニア鉱山の持分を買収することで2024年から3万5千トンを確保する予定だ。

参考記事:次世代技術に沸く韓国バッテリー業界、主導権はどの企業が握るのか
参考記事:現代自、「Kバッテリー」各社とのコラボ強化でEV市場での存在感高める
参考記事:ポスコ「リチウム塩湖」売上推定値100兆ウォン…9ヵ月間で3倍も上昇

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP