SKE&S、韓国企業で初めて米国の電気自動車充電サービス市場へ進出

SKE&Sが米国の電気自動車充電市場に進出する。国産の充電器が米国に輸出されたことはあったが、韓国企業が現地で充電サービス事業を展開するのは初めてだ。韓国メディア「電子新聞」が報じた。(写真:電子新聞)

SKE&Sは今年3月、米国に充電事業のためのTF(タスクフォース)組織を派遣する計画だという。SKE&S、SKエナジー、SKレンタカーなどSK系列会社が韓国国内で充電事業を行っているが、米国での事業はSKE&Sに任せることにした。SKE&Sは昨年11月、米国エネルギーソリューション事業の現地法人「パスキー(PassKey)」を設立した。独自推進、現地電力販売会社等との協力やジョイントベンチャー(JV)設立など多様な方策を検討中である。

米バイデン政府は2030年までに全米に充電器50万基を構築することにした。米議会は昨年11月、75億ドル(約8兆8425億ウォン)の電気車充電インフラ構築予算を策定した。SKE&Sは従来の太陽光、エネルギー貯留装置(ESS)等と充電事業を結合したB2B型だけでなく、電気自動車充電施設を活用したV2G(Vehicle To Grid)、電力需要管理(DR)等の様々な事業を打診している。電気車の中古・使用済みバッテリーを再利用する「充電+ESS」融合事業も考慮中だ。

充電器はSK(株)が昨年に買収した国内充電器メーカー「SIGNET EV」の製品を活用する。SIGNETはすでに米国で顧客ラインを確保している。米国現地の充電企業関係者は「SKE&Sが現地サービスに経験がなく、電力販売資格の確保などの手続きがあるだけに、電力会社などと協力する可能性が高い」と述べた。SKE&S関係者は「既存のエネルギー事業と連携した電気自動車充電事業を推進中」と明らかにした。

参考記事:SKイノ、米ソリッドパワーとバッテリーの共同開発・生産に乗り出す
参考記事:韓国政府、半導体・未来車・バイオヘルスの「BIG3」へ来年5兆ウォン以上を積極支援
参考記事:EV普及に伴い、韓国製油各社が本格EV充電スタンド事業への変更を推進

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  7. 7

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

サムスン電子、第1回「サムスン6Gフォーラム」開催…超連結経験を提供
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051702/

現代自動車グループ、米国に9兆ウォンを投資し現地市場攻略本格化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051701/

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

Load More...
TOP