LGディスプレイ、今年の営業利益は1兆6000億ウォンを上回る見通し

韓国IBK投資証券は18日、LGディスプレイについて、昨年の第4四半期の実績は増益となり、今年はOLEDに関心が傾く時であると伝えた。韓国メディア「news2day」が報じた。(写真:LGディスプレイ)

キム・ウンホIBK投資証券研究員は「LGディスプレイの昨年第4四半期の売上高は第3四半期比15.2%増加した8兆3180億ウォン(約8010億円)と予想される」とし、「出荷面積は昨年第3四半期比12.5%増加した9402㎢、平均販売価格は昨年第3四半期比2.7%上昇した770ドル/㎡と予想される」と明らかにした。

キム・ウンホ研究員は「昨年第4四半期の営業利益は第3四半期比13.4%増加した6010億ウォン(約579億円)と予想される」とし、「LCD TVは第3四半期に比べて大幅に不振と予想するが、ITパネルは小幅減少し、OLEDは第3四半期に比べ大幅に改善なる見通し」と説明した。

キム研究員は「LGディスプレイの株価不振はLCDテレビパネルの価格や需要不振による業績悪化に対する懸念のため」とし、「この部分は今年上半期まで続く変数で、株価には否定的だろうが、LCDテレビの比重が持続的に減っている。否定的な影響はそれほど大きくない見通しだ」と指摘した。

研究員は「相対的にLCD ITパネルは安定的な収益性を維持しており、昨年まで営業赤字を記録していたOLED TVとP OLEDの収益性が大きく改善されているという点は肯定的な変数」と診断した。

「LCD価格の下落にもかかわらず、第3四半期の第4四半期の営業利益は増加すると予想し、LCDパネルの価格下落による営業利益の減少を考慮しても、今年の営業利益は1兆6000億ウォン(約1540億円)を上回ることが予想され、現在の株価は低評価局面にあると判断される」との見通しを示した。

参考記事:LGディスプレイ、今秋にパジュ中小型OLED生産ラインの大規模増設を準備
参考記事:LGディスプレイ、サムスン電子に大型OLEDパネルを長期供給の可能性大
参考記事:第3四半期業績が伸び悩むLGディスプレイ…OLED強化・LCD再編に乗り出す

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

サムスン電子、第1回「サムスン6Gフォーラム」開催…超連結経験を提供
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051702/

現代自動車グループ、米国に9兆ウォンを投資し現地市場攻略本格化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051701/

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

Load More...
TOP