公開前に…韓国通信キャリア各社、Galaxy S22事前予約マーケティング開始

サムスン電子の次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S22」シリーズの公開を控え、韓国通信キャリア各社が事前予約関連イベントを始め、マーケティング競争に突入した。特に、事前予約に先立ち、好みのサイズや色などを調査するイベントを通じ、早めに需要予測に乗り出した。韓国メディア「dailian」が報じた。(写真:Galaxy S22 レンダリングイメージ:Evan Blass)

5日、移動通信業界によると、SKテレコムやKT、LGユープラスは、Galaxy S22の事前予約通知やアンケートイベントを開始した。名前、連絡先、電子メールなどを入力し、希望する製品のサイズや色などのアンケートに回答すると、事前予約開始時に案内し、特典を提供する方式だ。

SKテレコムは、Galaxy S22の性能やデザインのうち、どれを好むかを回答し、特典通知を申し込む客らを対象に、スターバックスのギフトクーポンを提供している。さらに、Tダイレクトショップ単独企画限定版を披露し、事前予約購入客には景品贈呈、提携カード割引、特別補償などの特典を提供すると予告した。

KTも同様に、Galaxy S22のサイズや色などに対する好みを回答した顧客らを対象に、景品イベントを行っている。

LGユープラスは、希望するGalaxy S22のサイズやパターンなどを選んでイメージを完成させた後、SNSにアップロードすれば、抽選を通じてGalaxy S22やGalaxyウォッチ4を景品として提供する。また、今月13日までに事前予約アラームを申し込むと先着順7万人を対象にカカオペイ1000ポイントをプレゼントする。

このように、通信キャリア各社がGalaxy S22の好むモデルや色などを調査するイベントを行うのは、事前予約に先立って、需要予測を通じて、初期数量を把握・準備するためと見られる。

ある移動通信業界関係者は「通信キャリア各社が事前予約過程であらかじめ需要を予測するが、発売後に外れ在庫が残ったり、物量が不足したりする場合が多い」とし「こうしたギャップを縮めるためとみられる」と述べた。

移動通信店舗も多様なギフトを掲げ、事前予約募集に乗り出した。ある代理店では、事前予約購入客に、アップルのAirPodsプロ、AirPods2、サムスンのGalaxyバッズプロ、Galaxyバッズ2などを謝恩品として贈呈すると広報している。

Galaxy S22の発売を受け、通信キャリア各社は今年上半期、第5世代移動通信(5G)加入者拡大効果を狙うことができる。ただし端末流通法の遵守とマーケティングコストの効率化の影響でマーケティング過熱競争は自制しており、不法補助金、謝恩品などによる「混乱」現象は一部の店舗に限られると予想される。

特に、Galaxy S22ウルトラは、Sペンを搭載し、事実上Galaxy Noteの後続シリーズに取って代わるものと見られ、Galaxy Noteの購入を希望した消費者らから、高い人気を集めるものと見られる。

一方、Galaxy S22は9日夜12時からオンラインで開催されるイベント「サムスンGalaxyアンパック2022」を通じて公開される。続いて韓国国内では14日から事前予約を始めた後、事前開通最終日の25日に正式発売される予定だ。

予想される出庫価格は、前作のGalaxy S21シリーズの前作と同様に、▲Galaxy S22(99万9000ウォン、約9万6千円)、▲Galaxy S22プラス(119万9000ウォン、約11万5千円)、▲Galaxy S22ウルトラ(145万2000ウォン、約13万9千円)などと策定されるだろうという見方が多い。

参考記事:Galaxy S22、発売遅延見込みでヒットに暗雲?一部モデルは3月発売か
参考記事:サムスン電子、2月9日にギャラクシーアンパック開催、Galaxy S22を公開へ
参考記事:今年のスマホ出荷量は回復の見込み…サムスン、Galaxy S22で市場先取りへ

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

サムスン電子、第1回「サムスン6Gフォーラム」開催…超連結経験を提供
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051702/

現代自動車グループ、米国に9兆ウォンを投資し現地市場攻略本格化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051701/

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

Load More...
TOP