最も多く販売したサムスン、最も儲けたTSMC…グローバル半導体の成績表

サムスン電子が最も多く販売し、収益性はTSMCが最も高かった。昨年のグローバル半導体業界の成績表を見た結果だ。サムスン電子は、半導体事業だけでも94兆ウォン(約9兆408億円)以上を稼ぎ、米インテルを抜き、半導体売上トップの座につき、台湾TSMCは、昨年営業利益率40.9%を達成した。韓国メディア「韓国エコノミスト」が報じた。(写真:エコノミスト)

昨年、グローバル半導体業界は、前例のない投資競争を繰り広げた。最も多くの投資金をつぎ込んだ企業はサムスン電子だ。サムスン電子は昨年、メモリ半導体とファウンドリ(半導体委託生産)設備投資に43兆6000億ウォン(約4兆1934億円)を投入した。インテルは21兆ウォン(約2兆198億円)を投資し、TSMCは36兆ウォン(約3兆4624億円)程度を投入した。TSMCがインテルやサムスン電子と異なり、総合半導体企業(IDM)ではなく、ファウンドリ企業であることを考慮すれば、「ファウンドリへの集中投資」が行われたことになる。莫大な固定費支出の中でも技術競争力と需給不均衡対応戦略によって、メーカー別に明暗が分かれた。

売上はサムスン電子が最も高かった。サムスン電子は昨年、半導体事業で過去最大の売上を達成した。半導体事業の売上は、超好況だった2018年(86兆2900億ウォン、約8兆2293億円)を上回る94兆1600億ウォン(約9兆562億円)になった。これでサムスン電子は昨年、ライバル会社である米インテルを破り、3年ぶりにグローバル半導体売上トップの座を取り戻した。半導体の営業利益は29兆ウォン(約2兆7892億円)を超え、昨年の営業利益全体の60%近くを占めた。サムスン電子は今年、半導体の収益性改善を最優先課題に挙げた。

サムスン電子は昨年に最大の売上を上げながらも、営業利益率は31%を記録した。前年比で改善したが、半導体のスーパーサイクル(超好況期)を記録した2018年の営業利益率50%超を記録したのに比べると20%ポイント下落した。莫大な設備投資とDRAM価格の下落が収益性下落の主な原因だ。サムスン電子は、今年にメモリ設備投資(CAPEX)を保守的に続けながら供給を調整し、需要先の在庫影響を最小化し、収益性の高い製品は生産比重を増やして収益性の下落に備えるという立場を明らかにした。

TSMCは昨年、41%に上る営業利益率を達成し、ファウンドリトップの座を固めた。昨年平均のウォン・ドルレート(1144.60ウォン、約110.09円)を適用して換算すると、TSMCの売上高は約65兆ウォン(568億ドル、約6兆2516億円)で過去最大を記録し、営業利益は27兆ウォン(232億ドル、約2兆5968億円)水準だった。売上はサムスン電子と30兆ウォン(約2兆8854億円)程度差があるが、営業利益は2兆ウォン(約1924億円)程度しか差がない。TSMCの収益性を牽引したのは先端工程だった。昨年TSMCの7ナノ以下先端工程の売上比重は50%に達した。2020年に本格的に量産に入った5ナノ(nm・10億分の1メートル)工程の売上割合が2020年に8%から19%へと急増し、7ナノは売上高を2%ポイント低下させた31%となった。

TSMCは今年、グローバルファウンドリ市場が約20%成長すると見込んでいる。昨年に300億ドル(約3兆4581億円)を設備投資につぎ込んだTSMCは、今年より多くの投資目標を設定した。TSMCは今年に400億~440億ドル(約4兆6108億円~約5兆719億円)を設備投資につぎ込む。このうち70~80%は2~7ナノ工程の開発に投資される予定だ。サムスン電子との超微細工程開発競争で差を広げ、ファウンドリ2位のサムスン電子を追い抜くという戦略だ。

反面、インテルは前年対比収益性が減少した。特に、インテルの最大事業部であるクライアントコンピューティングの顧客企業が生産に支障をきたし、市場の成長性が低いという懸念が続き、クライアントコンピューティングの売上が減少した。昨年にインテルは195億ドル(約2兆2478億円)の営業利益を記録したが、これは前年比5%下落した数値だ。昨年の営業利益率は24.6%に止まった。

特にインテルがTSMCとサムスン電子を追い抜くため、ファウンドリ(半導体委託生産)設備投資に莫大な金額を投じる予定であるため、今年の収益性はさらに悪化するという見通しが優勢だ。固定費が増加し、利益回復のスピードが市場の期待に及ばない可能性があるからだ。インテルは今年、前年対比60%程度を増やした280億ドル(約34兆ウォン、約3兆2276億円)を半導体投資につぎ込むと予告している。今年1月には米オハイオ州に200億ドル(約24兆ウォン、約2兆3054億円)を投じ、先端半導体工場2カ所を設立すると発表した。

参考記事:サムスン電子・TSMCなど半導体大手、チップ需要増加に伴いR&D投資を拡大
参考記事:「半導体マンモス企業」サムスンとTSMC、設備・R&Dでの投資競争本格化
参考記事:サムスン電子とTSMC、「超極微細」3ナノ半導体生産工程で顧客獲得競争

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP