ハンファ、半導体専門企業「ニューブラ」社設立…システム半導体への進撃

ハンファが新しい半導体企業を設立した。昨年から社内に二つの半導体専門企業を相次いで設立し、半導体事業への進出に拍車をかけている。韓国メディア「ソウル経済」が報じた。

14日、業界によると、ハンファグループ系列会社「ハンファインパクト」は社内に新システム半導体企業「ニューブラ(Neubla)」を設立したという。

ニューブラは昨年、ハンファインパクトが設けた神経網処理装置(NPU)タスクフォース(TF)チームが設立したことが確認されている。今年9月、ソウル経済のTFチーム発足内容を報道した当時、ハンファインパクトはTF運営方針を具体的に明らかにしなかったが、最近本格的に会社を設立し、インフラ整備作業に着手したものと把握されている。

ニューブラの事業目的は「ソフトウェア開発販売とサービス業」である。ニューブラが今後、具体的にどのような事業を進めるかは確認されていない。しかしTFチームが人間の脳神経網を模倣した次世代半導体である「NPU」事業投資の目的で構成されたことから、今後、NPU半導体を直接設計、またはチップデザインに活用される核心設計資産(IP)を作る事業モデルなどを構築するものと推測される。

ハンファはシステム半導体設計部門の中核人材の迎え入れも進めた。昨年、NPU TF運営のため、サムスン電子DS部門、サムスンベンチャー投資、アイオン資産運用などでチップ設計および人工知能(AI)分野に投資経験のあるユン・ジョンヒ常務をチーム長に迎え入れて話題になった。次世代システム半導体事業が「高度頭脳」を必要とするだけに、ユン常務の迎え入れ以降、優秀な人材を吸収するための作業がスピーディーに進められると予想される。

ハンファは昨年、ニューブラを含め、すでに二つのシステム半導体企業をグループ内に確保するほど、システム半導体事業に大きな関心を持っている。昨年はクアルコム出身のエンジニアであるウ・ジョンホLG電子常務をハンファテックウィンに迎え入れた。現在、ウ常務はハンファテックウィンの半導体設計子会社「ビジョンネクスト」の代表を務めている。

参考記事:ハンファテックウィン、2022映像セキュリティトレンドは「T.I.G.E.R」
参考記事:サムスンとハンファ、家庭用エナジー事業で提携
参考記事:韓国財閥大手ハンファ、半導体装備事業に参入か

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

サムスン電子、第1回「サムスン6Gフォーラム」開催…超連結経験を提供
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051702/

現代自動車グループ、米国に9兆ウォンを投資し現地市場攻略本格化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051701/

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

Load More...
TOP