昨年グローバルスマホ市場を占領したサムスン電子、今年も勢い続く見通し

サムスン電子が昨年に欧州・東南アジアなどのスマートフォン市場でシェア1位を記録するなど、グローバル市場で善戦している。今月14日に予約販売に入ったGalaxy S22シリーズが「大ヒット」し、サムスン電子の内外で今年の業績に対する期待感も高まっている。韓国メディア「ajunews」が報じた。(写真:ノ・テムン サムスンMX事業部長(社長)がGalaxy S22ultraを紹介する様子=サムスン電子)

18日、業界によると、サムスン電子はグローバル市場調査機関が発表する様々なシェア資料でよい成績を上げている。ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、サムスン電子は昨年、世界で2億7200万台のスマートフォンを販売し、20%のシェアを記録した。2位のアップルとは3.1%pの差だ。

欧州・東南アジアなど地域別の業績も似たような様相を見せている。カウンターポイントリサーチは最近、サムスン電子が昨年に欧州や主要東南アジア諸国などで、それぞれ32%と20.7%のシェアを確保し、グローバルトップについたと明らかにした。

欧州では昨年に続き1位を守り、主要東南アジア諸国ではOPPOを0.8%差で引き離して1位を奪還したのだ。

特に昨年、欧州スマートフォン市場では、月間シェア1位が4度も変わるなど、混戦の様相を見せた。こうした中、サムスン電子がアップルを6%pの差で抜き、年間シェア1位になったことは示唆するところが大きいというのが業界の見方だ。

グローバルスマートフォンの普及が持続的に拡大している中、サムスン電子が中低価格から高価なスマートフォンまで多様な製品群を販売するのが、全体市場で善戦する秘訣と分析される。

今年もサムスン電子は、よい勢いが続く見通しだ。まず、14日に予約販売を開始したGalaxy S22シリーズが、市場でよい反応を得て、幸先のよいスタートを切った。下半期には昨年に旋風を巻き起こす人気となった「フォルダブルフォン」の新製品が発売され、サムスン電子のMX(モバイル・エクスペリエンス)事業部の力になる見通しだ。

業界によると、サムスン電子がフォルダブルスマートフォンを初めて市場に出した2019年基準で、2024年まで同市場の年平均成長率は122%に達する見通しだ。グローバル市場調査機関のカナリスは最近、2024年には3000万台規模のフォルダブルスマートフォン市場が形成されるだろうという分析を出した。

サムスンがGalaxy Zシリーズでプレミアム市場を積極的に攻略している反面、アップルはまだフォルダブルスマートフォンを発売していないだけに、同市場の急成長はサムスン電子に肯定的な影響を与える見通しだ。

特にSAは、今年もサムスン電子が19.1%のシェアでアップル(17.3%)を1.8%pの差で抜き、グローバルスマートフォン市場1位を守り抜くと見通した。

これと関連し、サムスン電子は、増えつつある5Gスマートフォンやプレミアム製品群の2つの側面に集中し、グローバル市場を攻略するという戦略だ。

サムスン電子は先月27日、昨年第4四半期の業績を発表し「今年のスマートフォン販売のうち5Gスマートフォンが過半数を占めるものとみられる」とし「すべての価格帯を考慮した製品群を構築し、5G需要を積極的に攻略する」と強調した。

また、「今年はスマートフォン全体の市場シェアはもちろん、プレミアム市場のリーダーシップもさらに強化していく計画」と付け加えた。

参考記事:「今年のフォルダブルフォン市場は2倍に成長」…サムスン独走でシェア拡大
参考記事:100万ウォン超のプレミアムスマホ販売好調に…サムスンも「期待以上」
参考記事:今年のスマホ出荷量は回復の見込み…サムスン、Galaxy S22で市場先取りへ

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP