ポスコケミカル、EVバッテリー核心素材の低膨張負極材を生産拡大へ

ポスコケミカルが電気自動車(EV)バッテリーの核心素材である低膨張負極材への投資を拡大する。韓国メディア「ソウル経済」が報じた。(写真:世宗市にあるポスコケミカル負極材工場全景=ポスコケミカル)

ポスコケミカルは先月25日に取締役会を開き、低膨張負極材の生産能力を年7000トンから3万5000トンに拡大することを決めたと27日、明らかにした。このため、1054億ウォン(約101億円)を投資して世宗(セジョン)に建設中の天然黒鉛負極材生産工場を「低膨張負極材専用生産ライン」に変更し、来年から量産を開始する計画だ。

低膨張負極材は、ポスコケミカルが独自の技術で開発した製品で、電気自動車のバッテリーに必要な安全性や寿命、充電速度などの性能を大幅に高め、価格を引き下げた素材だ。負極材は原料によって天然黒鉛系と人造黒鉛系に区分される。ポスコケミカルは、天然黒鉛を原料に使用しながらも、素材構造を板状型から立方形に改善し、従来の天然黒鉛負極材比膨張率を25%下げ、急速充電性能は15%引き上げた。また、人造黒鉛に比べて製造コストを下げながらも、工程で発生する炭素排出量は減らして環境性を高めた。

今回の投資拡大は、電気車走行距離の増大、充電時間の短縮などのグローバル技術動向、グローバルバッテリー企業や電気車メーカーの受注増大に対応するためと見られる。近年、負極材の原料である黒鉛の供給網安定性と製造原価、炭素排出量低減などの重要性が高まる中、天然黒鉛・低膨張・人造黒鉛・シリコン負極材全製品を生産する「フルポートフォリオ」を構築するための事業戦略でもある。

ポスコケミカルのミン・ギョンジュン社長は「今回の投資は技術を基に差別化されたバッテリー素材を量産し、市場格差を確保するための努力」とし「最高の製品で顧客需要に支障なく対応し、電気自動車産業の成長にも貢献する」と述べた。

参考記事:ポスコケミカル、昨年の営業利益は1217億ウォン…年間最高益を達成
参考記事:ポスコケミカル、バッテリー負極材の核心素材「ピッチ」国産化に拍車
参考記事:ポスコケミカル、人造黒鉛負極材を国産化…年間8000トンを優先生産

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

サムスン電子&SKハイニックス、半導体前工程装備の国内協力会社拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051202/

下半期「Flip戦争」予告…サムスン「Galaxy Z Flip4」完成度高く価格は安く
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051201/

「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051103/

Load More...
TOP