Galaxy S22、世界的大ヒットに青信号…米国では商品受領まで最大3カ月待ち

サムスン電子のGalaxy S22シリーズが、米国での配送にかかる予想期間が最高3ヵ月に伸び、インドでは事前予約新記録を立てるなど、グローバル大ヒットに青信号が灯った。品薄の状況まで招いている。韓国メディア「韓国経済」が報じた。(写真:海外の売り場でS22を見ている現地消費者=サムスン電子)

28日、モバイル業界や海外情報技術(IT)メディアなどによると、米国で事前予約したGalaxy S22の消費者の多くが、予定されている発売日の今月25日までに製品を受け取れなかった。配送遅延が続いているため、多くの顧客が4月に商品を受け取ることができると予想される。

特に、米国の主要移動通信会社を通じて予約した消費者の一部は配送期間が3ヵ月に増え、5月にならないと配送できないかも知れないという話まで出ている。

サムスン電子は「Galaxy S22の事前販売量がわれわれの予想を超えるほど今回のシリーズに対する関心が過去最高」とし「できるだけ早く製品をお届けするために最善を尽くしているが、市場とモデル、色によって遅延があり得るだけに理解して待っていただければありがたい」と明らかにした。

すでに、国内でも予約消費者らが適時に製品を受け取れないなど、供給が需要に追いついていない中、海外でも同様の状況が起きている。

Galaxy S22は、世界2位のスマートフォン市場であるインドでも、事前予約が12時間で7万台以上売れるなど、新記録を塗り替えた。サムスン電子はインドで来月10日まで事前予約を受ける。

グローバル市場調査会社のカウンターポイントリサーチによると、インドのスマートフォン市場は2019年に約1億5000万台規模で、米国を抜き、中国に続き世界2位に躍り出た。特に、人口比スマートフォンの普及率は相対的に低く、市場潜在力が大きいという評価を受けている。

サムスン電子は昨年、インド市場でのシェアは18%で、シャオミ(24%)に次ぐ2位を守ったが、VIVO(15%)やリアルミー(14%)などの追い上げも激しくなった。サムスン電子のインド法人は「圧倒的な反応に感謝する。できるだけ早くお客様に製品をお届けするため最善を尽くしている」と述べた。

Galaxy S22シリーズは今月10日の公開後、世界約70カ国で行われた事前予約で前作比2倍以上の事前販売量を記録し、Galaxyスマートフォン過去最大の業績を記録した。

韓国ではGalaxy S22シリーズの事前開通初日の22日に過去最多の30万台以上が開通し、事前販売台数も約102万台となり、Galaxy Sシリーズの最高値を更新した。

Galaxy S22シリーズと共に公開されたタブレットのGalaxyタブS8シリーズも韓国、米国、欧州で発売された。初めてウルトラモデルを披露したGalaxyタブS8シリーズも、同様に世界で前作より2倍以上高い事前販売量を記録した。

サムスン電子MX事業部のチェ・バンソプ戦略マーケティング室長(副社長)は「Galaxy S22シリーズが歴代で最も愛されているGalaxy機器の一つとして位置づけられている」とし「今後もより多くの消費者にGalaxy生態系を通じたより革新的なモバイル経験を提供するために努力していく」と述べた。

参考記事:Galaxy S22、2月末から40カ国で発売開始…3月には130カ国あまりに拡大
参考記事:2021年世界スマホ市場は成長傾向を回復、サムスンはシェア1位を死守
参考記事:今年のスマホ出荷量は回復の見込み…サムスン、Galaxy S22で市場先取りへ

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP