「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

二つ折りの「フォルダブルスマートフォン」と左右に画面拡張が可能な「スライダブルスマートフォン」が発売される見通しだ。単純なインフォールド(ディスプレイを内側に畳む方式)方式である今のGalaxy FoldやFlipとは違って、「トリフォールド(屏風のように畳める方式)コンセプト」などが採用されたのが特徴だ。韓国メディア「毎日経済」が報じた。(写真:内側に折りたたむタイプのFlexG製品=サムスンディスプレイ)

サムスンディスプレイは今年1月に米ラスベガスで開催された国際電子製品博覧会(CES2022)で、将来のフォルダブル製品群のコンセプトとなるフレックスシリーズを公開した。

「フレックスS」は、二つ折りできる形のS字だ。画面を内側に畳むインフォールドと外側に畳むアウトフォールド方式を結合した姿だ。3つのパネルをS字型に折る方式で、大きなディスプレイを小さいサイズに折りたためるというのが最大の長所だ。フレックスSは5インチの小さなサイズでも製作でき、フォルダブルスマートフォンの短所とされる「重さ」を減らすことができる。

外に折れる部分のヒンジ(蝶番)が相対的に広いことが確認できる。折れる境界を基準に、片方にはソフトキーと上段バーがあるが、もう片方は全体画面で使用できるように、ユーザーインターフェイス(UI)を調整したようだ。7.2インチの大型ディスプレイを2つ折りにしてポケットに入れることができる。片方はタブレットのように、片方はスマートフォンのように使えると予想される。

「フレックスG」は二つ折りという点ではフレックスSと同じだが、二つとも内側に折れるという点で違いがある。左側と右側のヒンジをそれぞれ内側に畳むことができる。トリフォールドだが、折れる部分が全て内側に入るインフォールド方式を採用した。

折りたたんだとき、ディスプレイが完璧に保護されるという点で最も安定的なフォルダブル形態も大きな長所だ。G字型の「フレックスG」は内側に二つ折りにするマルチフォルダブル製品で、画面が製品の内側にあるため外部衝撃や傷などからの耐久性に有利な構造だ。デュアル・インフォールディング・フォームファクタ(form factor、一般にモバイル機器外形を指す用語)は、折りたたんだ状態で耐久性に優れていることが長所である。フォルダブル有機発光ダイオード(OLED)が外部環境によって破損する状況を最小化できる。

参考記事:サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ
参考記事:フォルダブルフォンのライバル続々…サムスンは技術「超格差」確保に集中
参考記事:「今年のフォルダブルフォン市場は2倍に成長」…サムスン独走でシェア拡大

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP