イ副会長「ニューサムスン」宣言後に特許件数が大幅増加…3年連続1万件超え

イ・ジェヨン副会長の「ニューサムスン」宣言後、サムスン電子(代表ハン・ジョンヒ)の新規特許登録件数が目立って増えたことが分かった。韓国メディア「consumernews」が報じた。(写真:グローバル技術センターにて技術点検を行うイ副会長=サムスン電子)

サムスン電子の昨年の新規特許登録件数は1万7002件と、過去最高を記録した。これによって累積特許登録件数も21万6404件に増えた。

イ・ジェヨン副会長が、代々追求している技術超格差戦略の成果と見られる。イ副会長は、半導体や人工知能(AI)、5G、バイオ分野を未来の成長事業としている。

金融監督院の電子公示システムによると、サムスン電子が昨年、韓国と米国で新規登録した特許件数は計1万7002件で、前年比12.1%増加した。

サムスン電子の年間新規登録特許件数は2019年から3年連続で1万件以上を記録している。新規登録件数を公開していない欧州や中国地域を含めれば、全体件数はさらに増えることになる。

サムスン電子の新規特許件数はイ・ジェヨン副会長が「ニューサムスン」を宣言した2019年から増加している。

2010年代に入り6000~8000件水準だった新規登録特許は2019年に1万3804件、2020年に1万5168件と昨年まで3年連続で増えている。

特に、昨年は初めて韓国と米国での新規登録特許件数が8500件前後でほぼ同一だった。

累積特許件数は昨年末基準で21万6404件と、過去最高だ。サムスン電子は昨年6月末、初めて特許件数が20万件を超えた。特許は一定時期が過ぎれば満了するため、累積特許件数が引き続き増えるためには新規登録件数の増加が重要だ。

累積特許件数は米国が8万4202件で最も多く、韓国4万7900件、欧州4万827件、中国2万61件、日本9624件などだ。

サムスン電子側は「新規取得した特許はほとんどがスマートフォン、スマートテレビ、メモリ、システムLSIなどに対するもの」とし「戦略事業製品に使われたり今後活用される予定で、事業保護だけでなく類似技術と特許が乱立する状況でライバル会社の牽制の役割をする」と説明した。

サムスン電子は、米国で特許登録に力を入れてきた。グローバル技術企業の先進技術が採用される市場で、特許紛争に効果的に対応するためだ。

サムスン電子が特許登録に力を入れているのは、イ・ジェヨン副会長の技術超格差戦略の一環だ。

イ副会長は2019年5月に「ニューサムスン」を宣言し、AI、5G、バイオ、半導体の4つの分野を未来事業に指定した。

サムスン電子は、超格差の一環として、2023年までに半導体やバイオなどの戦略事業に240兆ウォン(約22兆8652億円)の新規投資計画を進めている。2030年までシステム半導体グローバル1位ビジョンを達成するための133兆ウォン(約12兆6711億円)の投資も実施中だ。

現在、イ副会長はAI、5G、電装、ロボット分野などで有意義なレベルの買収合併(M&A)も考慮しているという。

イ・ジェヨン副会長は昨年末、米カリフォルニア州シリコンバレーでサムスン電子DSとセット部門の先行研究を担当しているDSAとSRAを訪問し、「未来の世の中と産業地図が新しく描かれ、生存環境が極端に変わっている。革新努力に速度をつけろ」とし、「後続企業との『格差拡大』だけでは巨大な転換期を乗り切ることはできない。誰も行かない道を開拓しなければならない」と述べた。

事業力量強化のためのサムスン電子の研究開発費は2017年から昨年までの6年間、毎年過去最高を記録している。2020年からは2年連続で20兆ウォン(約1兆9054億円)以上だ。

参考記事:わずかな稼働停止でも相当な被害…サムスン電子のストは「半導体に直撃弾」
参考記事:サムスン電子、スマホに続きノートPCも折りたたむ…「フォルダブルノートPC」特許出願
参考記事:半導体次世代工程特許、サムスン20.6%···TSMCは31.4%

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP