「輸出の代表格」K-半導体、成長期待と情勢不安の中で高まる不透明感

輸出の代表格として挙げられる韓国国内半導体産業が、肯定と否定効果が共存する市場の不確実性の中に囲まれている。グローバル半導体供給に支障が生じ、市況の持ち直しへの期待が存在する一方、ロシアや中国の需要低迷など、地政学的リスクが共存し、業況予測は難しいのが現状だ。韓国メディア「毎日日報」が報じた。(写真:サムスン電子華城工場=サムスン電子)

20日、業界によると、ロシアのウクライナ侵攻後、不安な国際情勢が続き、半導体の調達に支障をきたすだろうという懸念も出ている。こうした懸念はメモリ半導体スポット取引価格にも否定的な影響を及ぼしている。市場で提起されていた第2四半期からメモリ半導体の固定取引価格が上昇するという観測も不透明になった。中国政府が西安からコロナ19の再拡散で封鎖令を下して以来、サムスン電子などグローバル半導体工場の稼動に差し支えが生じ、DRAMスポットの取引価格は一時、強い上昇傾向を見せた。しかし、最近、中国内感染病の拡大状況がさらに深刻化し、域内生産の支障を超え、需要低迷が濃くなることへの市場の懸念も高まっている。

ウクライナ事態による地政学的リスクで、半導体生産に必要なネオンガスやゼノンガスなどの素材需給に問題が生じる可能性もある。これらの素材の需給不足で半導体業界は、原価上昇の負担が大きくなりかねない。当面は半導体業界があらかじめ確保しておいた在庫と、代替輸入先の拡大策などで原価負担は制限的になるものと予想されている。にもかかわらず、ウクライナ戦時状況が長引いている部分は、不安を拭いきれない。一部では、韓国の半導体業界と米国の半導体企業間でウクライナやロシア産希少ガスへの依存度が違い、戦時状況が長引けば有利・不利が分かれるだろうという見通しも出ている。

ウクライナ事態が続く中、日本では大規模な地震が発生し、半導体産業にもう一つの変化要因として浮上している。今月16日、日本の福島沖でマグニチュード7.3の強震が発生した。日本東北部地域は、グローバル半導体部品生産基地が分布している。台湾市場調査機関のトレンドフォースによると、地震の影響でキオクシアの一部工場の生産量が減少する可能性が提起されている。キオクシアのK1ファブが震度5の地震発生地域で工程の一部が損傷し、点検のために閉鎖された。K1ファブは、最近の素材不純物混入事故で、すでに生産が下方修正されてきたが、メモリ市況には上昇の圧力を加えてきた。余震の可能性があり、工場の再稼動は遅くなる見通しだ。

半導体ウェハーを作っているサムコ(SUMCO)と信越化学工業の工場も震度5地震発生地域に位置している。工程過程で高い安全性が求められるだけに、工場シャットダウン後、検査が行われている。まだ具体的な地震被害規模は発表されていない。両工場は2011年の東北地震と津波後に建物を補強したため、被害が軽微な可能性もある。ファウンドリの場合、ルネサスの工場が地震の影響を確認するため、一部ラインの稼動を中止した。ルネサスは、グローバル供給支障が長期化している自動車向けファウンドリ半導体マイクロコントローラーユニット(MCU)製品を生産するグローバルメジャーであり、地震被害が深刻な場合、グローバル産業に及ぼす影響が大きい可能性もある。

半導体市場の需要側面ではインテルとAMDなどが今年に新しい中央処理装置(CPU)を発売するイベントが予定されている。このため、DRAMメモリ業界も新しいCPUを補助するチップソリューションを開発している。このような背景の下、DDR3からDDR5への市場移動も急速に展開している。サムスン電子とSKハイニックスはすでにDDR3の生産比重を減らし、新規市場に対応する能力を育てている。

韓国の半導体輸出は2月までメモリとシステム半導体がともに成長し、10ヵ月連続100億ドル(約1兆1907億円)台を維持した。ウォン安ドル高で、サムスン電子やSKハイニックスなどの企業が、グローバル半導体チップを販売する営業面で支援を受けている。それだけでなく、米国が最近、基準金利の引き上げを始め、ドル高の流れが維持される状況も、国内企業各社の輸出実績には前向きなことだ。

一方、半導体メモリ価格は、DRAMの固定取引価格が昨年第4四半期から今年第1四半期まで下落し、NAND型フラッシュメモリは昨年第3四半期から大きな変動はない。

参考記事:注文量は増えているが…供給リスク、半導体業界の足を引っ張るのか
参考記事:ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる
参考記事:ウクライナ危機を受け「希少ガス輸入」の半導体業界も緊張感高まる

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

サムスン電子、第1回「サムスン6Gフォーラム」開催…超連結経験を提供
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051702/

現代自動車グループ、米国に9兆ウォンを投資し現地市場攻略本格化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051701/

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

Load More...
TOP