AI半導体の特許競争激化…韓国、次世代技術でのリードに向けて体制整備へ

未来半導体技術として脚光を浴びている「AI(人工知能)半導体」技術の覇権をめぐり米国と中国が両強構図を形成し、特許競争を繰り広げている。このうち米国と中国の間で「ナッツクラッカー」の身となっている韓国はAI半導体の次世代技術であるニューロモフィック半導体技術で、台湾と中国を抜いて米国とともに技術先導国としての体制を整えつつある。韓国メディア「デジタルタイムス」が報じた。(写真:半導体チップ=サムスン電子)

米国特許庁で出願された国籍別AI半導体特許占有率(デジタルタイムス)

22日に韓国特許庁と経済追撃研究所が特許情報を活用して「AI半導体の産業競争力」を分析した結果、2016年にアルファ碁が登場して以降、AI半導体関連特許申請が3倍以上に増加した。

AI半導体は低電力で大量のデータを同時に処理し、既存半導体対比約1000倍高いAI演算性能と低電力を実現するため、デジタルニューディールの必須技術として使われる。

現在、CPU(中央処理装置)とGPU(グラフィック処理装置)を活用した第1世代から始まり、FPGA・ASICチップを活用した第2世代を経て、ニューロモフィックチップを活用する第3世代に進化している。ニューロモフィックは、人のニューロン、シナプスを模写した新しい半導体構造、省電力性能が優れ、未来の覇権技術として注目を集めている。

主要国別ではAI半導体分野(第1~3世代)で米国(37%)と中国(36%)が世界特許申請件数を二分した中で韓国は8%を占め、米国、中国と大きな格差を見せて3位となった。日本(6%)、台湾(2%)は韓国より少なかった。

世界最大の市場であり、核心技術を中心に特許が出願される米国の特許動向を見ると、AI半導体の第1~第3世代の全分野で米国が圧倒的に1位を占めた。韓国は第1、2世代で中国、日本、台湾などと2位の座をめぐって熾烈に競争する構図だ。

ただ、次世代新技術である第3世代ニューロモフィック分野では、韓国が18%のシェアを記録し、日本(4%)と台湾(2%)に大差をつけ、未来の核心技術の先取りの点においてリードしているという評価だ。

AI半導体分野ではグローバル半導体企業間の競争が激しい。米インテル、IBM、サムスン電子などの既存半導体・コンピューティング分野の強者が上位を占めたことが明らかになる中、次世代ニューロモフィック分野ではサムスンとSKハイニックスがそれぞれ2位、5位になった。

経済追撃研究所のオ・チョル教授は「今後技術革新を主導する可能性が非常に高い第3世代ニューロモフィック半導体で韓国企業の相対的躍進が注目される」と評価した。

特許庁のキム・ジス特許審査企画局長は「AI半導体は人工知能、システム半導体が融合する核心戦略分野で、炭素中立とデジタルニューディールの成功とも密接に結びついた必須産業だ」とし、「AI半導体産業の競争力向上に貢献できる特許審査政策を積極的に樹立していく」と述べた。

参考記事:「半導体好況は2023年まで続く」サムスン電子・SKハイニックスの業績は青信号
参考記事:脳に近づきつつある半導体、サムスン電子のメモリが注目される理由
参考記事:韓国ETRI、AI半導体の開発に投入する時間とコストを減らす革新技術を開発

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP