次世代メモリのMRAMが急成長…2024年の市場規模は1兆ウォン以上の見込み

DRAM(揮発性メモリ)に次いで次世代メモリに挙げられるMRAM(磁気抵抗メモリ)市場が急速に拡大している。

26日、市場調査会社のテクナビオによると、MRAM市場の規模は2024年に9億5271万ドル(約1兆1600億ウォン、約1163億円)規模に成長するという。2020年から2024年までの年平均成長率(CAGR)は39%に達すると予想される。韓国メディア「straightnews」が報じた。(写真:サムスン電子が開発したeMRAM製品=サムスン電子)

MRAMは磁性体素子を利用した非揮発性メモリだ。フラッシュメモリより書き込み速度が約1000倍速く、電力消耗が少ないのが特徴だ。NANDフレッシュのように電力供給が止まってもデータが維持され、データ書き込み速度はDRAMとほぼ同じだ。

現在、MRAM市場の主力製品はSTT(スピン伝達トーク)MRAMだ。T(トランスポーズ)MRAMより電力消耗が少なく確定性に優れているのが特徴だ。また、データの読み込みと書き込み時間が速く、サイズが小さいため、従来のDRAMとSRAM技術に互換できる。

MRAM市場で競争中の主要企業は米国のインテルとクアルコム、ハネウェルと日本の富士通などだ。サムスン電子は2019年3月、28ナノFD-SOI(完全空乏型シリコンオンインシュレーター)工程基盤のeMRAM(内蔵型MRAM)ソリューションを業界で初めて開発し、市場に参入した。

サムスン電子は今年1月、MRAM基盤の「イン-メモリ(In-Memory)コンピューティング」も世界で初めて実現した。イン-メモリコンピューティングとは、メモリ内でデータ保存と演算を同時に行う最先端半導体技術である。

MRAMはデータ安定性が高く、速度が速い長所にも関わらず抵抗値が低く、イン-メモリコンピューティングに採用しても、電力のメリットは大きくなかった。サムスン電子の研究グループはMRAMの限界を従来の「電流合算」方式ではなく、新しい概念の「抵抗合算」方式で低電力設計に成功した。

参考記事:脳に近づきつつある半導体、サムスン電子のメモリが注目される理由
参考記事:サムスン電子、TSMCより早く来年上半期に3ナノ工程半導体を量産へ
参考記事:KIST研究チームが次世代メモリ「MRAM」関連技術開発

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

サムスン電子、第1回「サムスン6Gフォーラム」開催…超連結経験を提供
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051702/

現代自動車グループ、米国に9兆ウォンを投資し現地市場攻略本格化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051701/

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

Load More...
TOP