「液晶4面ともエッジディスプレイ?」…サムスンの次期戦略スマホに関心

サムスン電子の次期戦略スマートフォンに液晶4面がすべて曲がったクアッドカーブドディスプレイが採用される可能性が提起されている。かつてスマートフォンで披露した左右の「エッジディスプレイ」からさらに進化した形だ。韓国メディア「毎日経済」が報じた。(写真:2018年にサムスンディスプレイが出願したベゼルレスディスプレイ特許に基づき制作された予想レンダリング=LETS GO DIGITAL)

6日、IT専門チップスター(情報流出者)のアイスユニバースによると、サムスン電子の次期戦略スマートフォン「Galaxy S23ウルトラ」に4面すべて曲がった、いわゆる「ウォーターフォール(滝:waterfall)」ディスプレイが搭載される見通しだ。

ウォーターディスプレイとは、4面がいずれも同じ幅で丸く曲がった「クアッドカーブドスクリーン」を意味する。正面から見ると、まるでスマートフォンの裏表が全部ディスプレイで囲まれたような錯覚を呼び起こす。角全体が丸く表面がつやつやしていて、一見すると綺麗な小石のような仕上がりに見えるという。

業界では、新たに採用されるGalaxy S23ウルトラデザインが2019年にサムスン電子が米国特許庁に出願したGalaxyスマートフォンのデザインを具体化したものとみている。当時、特許でサムスン電子はエッジディスプレイを拡大し、左右だけでなく上下までディスプレイが採用されたデザインを構想した。

過去にもクアッドカーブドスクリーンを開発するための試みがあった。中国のスマートフォンメーカーのシャオミは2019年、上下段のベゼルを除いたスマートフォンの前後面と側面を画面に包んだサラウンドディスプレイを採用した「Mi Mix Alpha」を発表したが、技術力不足で商用化に失敗した。

参考記事:サムスンD、4面エッジディスプレイの特許出願
参考記事:サムスン電子、NTTドコモからGalaxyA22 5G発売…格安スマホ市場攻略へ
参考記事:Galaxy S22、2月末発売か…Noteシリーズに代わって未来を担う役割も

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

Load More...
TOP