サムスン、スマホ修理に再生部品活用し修理代を減らすエコプログラム導入

サムスン電子がスマートフォン生産にリサイクル素材を採用したのに続き、修理にも再生部品を活用するなど、エコプログラムを拡大する。消費者の立場では修理費の負担が最大半分ほど減るものと予想される。韓国メディア「韓国経済TV」が報じた。(写真:Galaxy S22=サムスン電子)

11日、モバイル業界によると、サムスン電子は上半期中にスマートフォンなどモバイル機器の修理過程に「メーカー認証再生資材プログラム」を導入し、消費者がこれを選択できるようにする計画だ。

これは製品を修理する際、中古機器などから出た再生資材を活用するようにし、消費者負担と環境影響を減らすためのものだ。

例えば、従来は20万ウォン(約2万円)程度とされていたディスプレイ破損修理費の場合、再生資材を活用することで、約10万ウォン(約1万円)まで下げることも可能となる。

特に、サムスン電子は再生資材に対する徹底した事前検証と試験過程を経て、正規品水準の品質と性能を確保するようにし、消費者信頼度を高める方針だ。

これはサムスン電子のリサイクル素材の活用政策が生産から修理まで拡大することを意味する。

これに先立ち、サムスン電子は今年初めに発表したGalaxy S22に廃漁網をリサイクルした素材を使用したのを皮切りに、モバイル機器全般にリサイクル素材の採用を増やしている。

また、消費者の権利強化の観点から、米国が導入した「自己修理権」を韓国にも採用する案も検討している。

サムスン電子は最近、グローバルニュースルームを通じて、下半期から米国で消費者が直接購入した部品で製品を修理できる自己修理プログラムを導入すると発表した。採用モデルはGalaxy S20、Galaxy S21、GalaxyタブS7プラスなどだ。

サムスン電子は米国と違ってサービスセンターが多い国内の場合、自己修理の需要が相対的に少ないが、消費者の権利保障のレベルで当該プログラムの国内導入を積極的に検討する方針だ。

参考記事:[特集]サムスン電子と産業省が特許技術を中小企業に譲渡
参考記事:サムスンがGalaxyを改造した検眼機を途上国で普及…「高価な眼底カメラに劣らない性能」

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP