現代自動車、名古屋で「アイオニック5、ネッソ」試乗・展示…事前広報に

現代(ヒュンダイ)自動車が名古屋に「アイオニック5(IONIQ5)」と水素自動車「ネッソ(NEXO)」の顧客体験空間を設けた。東京と大阪に次いで3度目だ。韓国メディア「THE GURU」が報じた。(写真:現代自動車)

13日、業界によると、現代自動車日本法人現代モビリティジャパンは今月22日から29日までの8日間、名古屋の中心街で「アイオニック5、ネッソ」の試乗・展示イベントを行う。今年5月、アイオニック5とネッソに対する注文受付が始まるだけに、事前広報に熱を上げている。

今回の試乗体験イベントは名古屋ランドマークの中村区キッテ(KITTE)1階イベントホールで行われる。イベント期間中は午前10時から午後8時までで、ホームページを通じて事前申請した顧客は試乗できる。

現代車は今回の試乗・展示会をはじめ、さまざまな広報活動を通じてアイオニック5やネッソの存在感を高め、現地市場への再進出に成功するシグナルを打ち上げる計画だ。

現代車が日本乗用車市場に挑戦するのは2009年末に撤退して以来12年ぶりだ。現代車はこれまで日本市場でバスなど商用車部門だけで行ってきた。

現代車は、アイオニック5を皮切りに、エコカーモデル中心の販売戦略を続ける計画だ。特に販売方式をワンストップオンラインセールスで運営し、ウェブサイトやモバイルアプリを通じて検索から決済、配送までの全過程をすべてオンラインで可能にする。

特に、下半期には横浜を皮切りに現地全域に「現代顧客経験センター」を構築し、オフラインブランド体験と購買支援サービスを提供する予定だ。サブスク概念の「エニカ(Anyca)」導入も準備している。

参考記事:NYタイムズ「現代自動車はEV産業のダークホースになるだろう」と絶賛
参考記事:韓国国内車100台のうち1台は電気自動車…エコカー人気で登録率1%を記録
参考記事:中古車市場でもEVがブームに…半導体不足の影響でEV販売増加・価格上昇

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP