「10枚中7枚が不良だったが…」サムスンQDパネルの歩留まり7割超へ改善

「新技術開発に拍車をかけ、新たな未来を先導しなければならない」(2019年8月、サムスンディスプレイ牙山(アサン)事業所を訪問したイ・ジェヨン副会長発言)

2019年10月、サムスン電子のイ・ジェヨン副会長が2025年までに計13兆1000億ウォン(約1兆3474億円)程度投資するという計画を明らかにし、未来の収益源として注目した量子ドット(QD)ディスプレイの生産歩留まり(製造品のうち良品比率)が安定を取り戻した模様だ。韓国メディア「ヘラルド経済」が報じた。(写真:サムスン電子)

サムスンディスプレイは最近、サムスン電子のQD-有機発光ダイオード(OLED)テレビに搭載される自社パネルが70%水準を超えたと、役職員らに公示した。昨年11月末の本格生産以降拡散したQD-OLED工程への懸念が高まっている。

16日業界によると、サムスンディスプレイは今月1日、社内掲示板にQD-OLEDパネルの歩留まり75%達成の事実を伝え、役職員の苦労をねぎらったという。近いうちに歩留まり90%以上を達成しようという目標も新たに掲げたという。

これまで業界では、該当パネルが低い歩留まりによって競争力が落ちるという指摘が相次いだ。昨年11月、該当パネルの生産を本格化した際、歩留まりが30%台という話が出ていた。10枚中7枚は不良という意味だ。今年初めにも50%前後の歩留まりを示し、年末になって歩留まりが安定するという見通しが示されていた。実際、今年1月に行われた2021年第4四半期の業績カンファレンスコールで、サムスンディスプレイ側は「年末にQDディスプレイの歩留まりが競争力を備えることができるだろう」と述べた。

今年のサムスンディスプレイの歩留まり目標としては70%が取り上げられた。しかし予想より早い時期に目標値を突破し、上半期内に80~90%まで歩留まりが安定する可能性が提起されている。

ただ、歩留まりが上がっても、直ちに関連テレビ市場の支配力を確保することは難しいという観測だ。現在、QD-OLEDの生産能力は月3万枚だ。歩留まりが100%に近いと55・65インチパネルを年間180万枚生産できるという。今年、全世界に供給されるものと予想されるOLEDテレビパネルの物量が1000万枚という点を考慮すると、QD物量が足りないという評価が出ている。

ただ、顧客企業の拡大は肯定的に評価される。デル、ASUS、レノボ、HPなどのモニター顧客会社だけでなく、サムスン電子やソニーなどとも交渉が進められている。ソニーは今年6月ごろ、サムスン電子は来週、関連製品を披露する予定だ。

サムスンディスプレイは今年、大型事業の収益性が改善される見通しだ。今年6月、これまで収益性の悪化で足を引っ張った液晶表示装置(LCD)の生産を中止することになる。

サムスンディスプレイの来年のテレビパネルのラインナップが多様化するという見通しも出ている。市場調査会社のディスプレイサプライチェーン(DSCC)は、サムスンディスプレイが来年、製品ポートフォリオに49インチと77インチを追加するだろうと見込んだ。

業界関係者は「会社が2021年にQDディスプレイにすでに3兆ウォン(約3086億円)程度投資した」とし「今後の歩留まりを安定化した後、さらに攻撃的な投資執行で市場支配力を拡大していく可能性が高い」と見通した。

参考記事:史上初のサムスン・LG-OLED同盟実現は「サムスンの決断だけが残っている」
参考記事:サムスン電子、米国でQD-OLEDテレビ発売…「サムスン‐LG同盟」の可能性も
参考記事:ディスプレイ市場でLCD製品の下落傾向が続く…OLEDパネルの代替が急成長

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP