Galaxy S22効果…サムスン電子、第1四半期のスマホ世界シェアで1位を維持

サムスン電子が第1四半期、世界スマートフォン市場でトップに付いた。スマートフォン市場が縮小した中で成し遂げた成果だ。Galaxy S22シリーズの善戦が大きな役割を果たしたと評価されている。ただしアップルの堅調なブランド選好度も確認されただけに、サムスン電子の悩みが深まる見通しだ。韓国メディア「dailyimpact」が報じた。(写真:Galaxy S22=サムスン電子)

20日、市場調査会社のカナリスによると、今年第1四半期、世界のスマートフォン市場でサムスン電子が出荷台数ベースで24%のシェアでトップとなった。続いてアップル(18%)、シャオミ(13%)、OPPO(10%)、VIVO(8%)などの順だった。

サムスン電子は昨年第1四半期より2%ポイントシェアを伸ばした。第1四半期はスマートフォン業界でオフシーズンに挙げられる。主要メーカー各社が新作を出す前に息を整える期間だ。さらに今年はコロナウイルスが世界的に広がる中、ロシアのウクライナ侵攻、中国の主要都市封鎖令で供給網・販売網が一部麻痺した。インフレ圧迫などで消費心理もやや萎縮している状態だ。実際、スマートフォン市場全体出荷量は昨年より11%減少した。このため、サムスン電子がシェアを伸ばしたのはGalaxy S22、特にウルトラの役割が大きかったという分析だ。

Galaxy S22シリーズは、歴代Sシリーズの中で最も多い事前販売量を記録した。国内の場合、前作のGalaxy S21と比べると2倍多く、それまで最大量を記録していたGalaxy S8(2017年・100万4000台)よりも1万6000台多い。これを受け、発売43日で韓国国内での販売台数が100万台を突破した。サムスン電子の関係者はデイリーインパクトに「2011年Galaxy S2が40日、2017年Galaxy S8が37日ぶりに100万台を超えたため、3番目に早い記録だ」とし「特に2019年以降発売された5Gモデルの中では最高記録を達成するほど消費者の反応が良い」と伝えた。

海外販売も順調だ。前作より20%以上販売量が増加し、一部地域では70%台の増加率を記録した。

特にNoteと統合されたS22 ultra(ウルトラ)の効果が相当だった。Galaxy S22 ultraが全体販売量の半分以上を占め、プラスと基本型がそれぞれ20%台の割合を占めた。

さらに普及型スマートフォンのGalaxy Aシリーズが欧州などで好評を得て、スマートフォン出荷量が増えたものと見られる。

同期間、アップルもシェアを伸ばした。昨年第1四半期比で3%ポイント上昇した。特記すべきことは、昨年第4四半期と比べてもシェアが3%ポイント上がったという点だ。昨年のモデルであるiPhone 13の販売量が地道に続いた上、中低価格フォンのiPhone SE第3世代が発売された。価格帯を問わずアップルブランドに対する高い忠誠度を示す部分だ。

しかし、シャオミ、OPPO、VIVOなど中国メーカーはおおむね不振だった。前四半期よりシェアが小幅に減少した。

参考記事:サムスン、日本で「Galaxy S22・M23」同時発売…シェア10%超の確保目指す
参考記事:サムスン電子、下半期に普及版スマホに「エクシノス」搭載…APシェア拡大へ
参考記事:2021年世界スマホ市場は成長傾向を回復、サムスンはシェア1位を死守

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP