韓国の物価上昇率予測値は4%…アジア先進国の中で2番目に高い水準に

今年、韓国の物価上昇率の予測値がアジア先進国の中で2番目に高いことが分かった。ウクライナ事態による国際原油価格・原材料価格の上昇により相当な打撃となる見通しだ。韓国メディア「韓国経済」が報じた。(写真:聯合ニュース)

24日、国際通貨基金(IMF)の世界経済見通しを見ると、今年の韓国の消費者物価上昇率の予測値は4%を記録し、アジア先進国8ヵ国平均の2.4%と1.6ポイントの格差を見せた。

IMFは世界約40カ国を先進国に分類している。アジア諸国の中には、韓国や日本、台湾、オーストラリア、シンガポール、香港、ニュージーランド、マカオの8ヵ国が含まれている。これらのうち、韓国より物価上昇率の予測値が高い国はニュージーランド(5.9%)だけだ。

オーストラリアとシンガポールの今年の物価上昇率予測値はそれぞれ3.9%と3.5%と比較的高い方だが、マカオ(2.8%)と台湾(2.3%)は2%台、香港(1.9%)と日本(1.0%)は1%台と安定的になるものと予想された。

ウクライナ事態の影響圏に最も大きく露出した国を選別しても、韓国は2番目だ。IMFの直前の予測時点である昨年10月と比べると、今年の韓国消費者物価上昇率の予測値は、従来の1.6%から2.3%pも上昇した。同期間、ニュージーランドの物価予測が2.2%から5.9%へと3.7%ポイント上昇した点を考慮すれば、アジア先進8ヵ国のうち2番目に上方修正幅が大きいわけだ。

もちろん、韓国の物価上昇率予測値(4.0%)は米国の7.7%や欧州先進国平均の5.5%対比良好な水準と見ることができる。アジア地域では特に高いのだ。

韓国政府は米国や欧州を基準に提示し、韓国は相対的に良好な水準だと評価しているが、ロシア・ウクライナに対する貿易・原材料の輸入依存度が低いアジア陣営では相当な打撃を受ける国に分類されるわけだ。

一方、IMFは昨年10月と今年4月の物価上昇率予測の地形図を覆した主犯としてウクライナ事態を挙げている。国際原油価格や穀物価格など原材料価格の上昇が全世界に影響を及ぼしているという。

参考記事:米国での基準金利引き上げの動き、国内経済への影響で悩む韓国新政府
参考記事:韓国経済に「パーフェクトストーム」迫る…スタグフレーション「警告灯」
参考記事:韓国経済を襲うインフレ圧迫で新北方政策に赤信号…どう対処すべきか

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

サムスン電子、第1回「サムスン6Gフォーラム」開催…超連結経験を提供
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051702/

現代自動車グループ、米国に9兆ウォンを投資し現地市場攻略本格化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051701/

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

Load More...
TOP