電気自動車がガソリン車の販売を追い越す…輸入車市場に「電動化のブーム」

先月、韓国の輸入車市場で電気自動車(EV,ハイブリッド車を含む)がガソリン車より多く販売されたことが分かった。電気自動車の需要が増える中、原油価格の上昇傾向が続き、燃費の高いハイブリッド車への関心が高まった結果と解釈される。韓国メディア「ChosunBiz」が報じた。(写真:レクサスのハイブリッドモデルES300h=レクサス)

韓国輸入自動車協会によると、先月新規登録された輸入車は2万3070台で、昨年同月より9.8%減少した。新規登録された乗用車を燃料別に見ると、ガソリン車が9879台(42.8%)、ハイブリッド車7917台(34.3%)、プラグインハイブリッド車1185台(5.1%)、純電気自動車1575台(6.8%)、ディーゼル車2514台(10.9%)だった。

ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車、純電気自動車を合わせた電気自動車全体の販売台数は1万677台で、ガソリン車より多かった。電気自動車の販売がガソリン車を超えたのは今回が初めてだ。世界の完成車メーカーが電動化速度を上げている中、様々な電動化モデルが出ている。

ただ、低速でバッテリーが走行に介入する一般的なハイブリッド車のほか、48Vバッテリーを搭載したマイルドハイブリッドモデルもハイブリッド車の統計に含まれ、一部錯視効果があるという指摘も出ている。ハイブリッド車の中で販売台数が最も多いモデルはベンツの「E3504マチック」だったが、この車はマイルドハイブリッドモデルだ。

ブランド別販売実績を見ると、メルセデス・ベンツが7822台で1位、BMW6658台、ボルボ1332台、アウディ1051台、ポルシェ918台の順だった。フォルクスワーゲンは847台、ミニは779台、トヨタは648台が売れた。ブランド国籍別に欧州が2万399台(88.4%)、日本1321台(5.7%)、米国1350台(5.9%)の順だった。

参考記事:韓国国内車100台のうち1台は電気自動車…エコカー人気で登録率1%を記録
参考記事:韓国で電気自動車の累計販売台数が20万台を突破、1年4か月で2倍に 
参考記事:現代自動車、「2030年まで米国販売の50%はエコカーに」米国でEV生産

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

Load More...
TOP