韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」

ユン・ソクヨル大統領と5大グループのトップが10日、就任式後の晩餐会で会い、和気あいあいとした雰囲気の中で新政府との協力を約束した。韓国メディア「世界日報」が報じた。(写真:10日韓国国会で開催された就任式に参加した財閥企業代表などの様子=世界日報)

Newsisによると、ユン大統領は同日の就任式後に開かれた晩餐会に、サムスン電子のイ・ジェヨン副会長とSKグループのチェ・テウォン会長、現代(ヒュンダイ)自動車グループのチョン・ウィソン会長、LGグループのク・グァンモ会長、ロッテグループのシン・ドンビン会長などを招待した。

さらに、全国経済人連合会のホ・チャンス会長、韓国経営者総協会のソン・ギョンシク会長、韓国貿易協会のク・ジャヨル会長、中小企業中央会のキム・ギムン会長、韓国中堅企業連合会のチェ・ジンシク会長なども晩餐に出席した。

大統領就任式の晩餐会に主要グループのトップらが招待されたのは今回が初めてだ。同日の晩餐は、ユン大統領が5大グループのトップらと一度に対面する初の席という点で、さらに注目を集めた。

ユン大統領は「財閥規制」を前面に掲げたムン·ジェイン政府とは異なり「企業が生きてこそ経済が生きる」という基調を前面に出している。ユン大統領は公式就任前にも企業現場を訪れ、規制緩和や支援策を提示するなど、企業寄りの行動を活発に行った。

国政課題にも「民間が引っ張って政府が押す躍動的経済」を提示するなど、企業を中心とした経済成長を強調する内容が盛り込まれた。

今年3月、経済6団体長との昼食会でも「企業を自由に運営するのに妨害される要素があるならば、それを除去するのが政府がすべきこと」とし、不必要な規制をなくすと約束した。

このような行動に経済界の期待感は高まる雰囲気だ。特に新政府がスタートすれば主要企業は国内での積極投資などいわば「手土産」を準備しただけに、今回の政府でも投資、雇用などに積極的に乗り出す可能性が高い。

サムスン電子は半導体などに大規模な投資を計画している。これはユン・ソクヨル政府が主張した未来戦略産業の超格差確保とも一致する。

これに先立ち、イ・ジェヨン副会長は昨年8月に仮釈放後、今後3年間240兆ウォン(約24兆5086億円)を新規投資し4万人を新規採用すると発表した。今年第1四半期には半導体施設だけで6兆7000億ウォン(約6842億円)を投資し、追加投資の可能性も予想される状況だ。

SKグループは半導体など新政府が戦略産業として選定した分野に対して先制投資に乗り出した。SKはグループの成長動力キーワードをBBC(バッテリー・バイオ・チップ)に決め、半導体を含む先端産業分野に攻撃的な投資を行っている。SKハイニックスの場合、龍仁(ヨンイン)半導体クラスター着工に入り、忠清北道清州(チュンチョンブクト・チョンジュ)に半導体新規工場を建設する方案も検討中だ。

現代自動車グループはエコカー購入目標の上方修正、電気自動車充電施設の設置義務の強化、ハイブリッド活用普及の拡大など、国政課題に歩調を合わせて電気自動車(EV)市場の攻略に拍車をかけている。

LGグループも、新政府の未来戦略産業に選ばれたバッテリー事業に力を入れる見通しだ。LGグループのバッテリー系列会社であるLGエナジーソリューションは、今年第1四半期に中国市場を除いたグローバル電気自動車市場でバッテリー使用量1位を記録した。LGエナジーソリューションは今年、グローバルバッテリー生産能力拡大のための施設に約7兆ウォン(約7148億円)水準を投資する計画だ。

この他に流通事業が主力のロッテグループもバイオなど新事業拡大に拍車をかけている。

一方、経済主要団体はユン大統領就任を歓迎する論評とともに、積極的な投資を約束した。

韓国経営者総協会は「経営界もより積極的な投資と良質の働き口創出を通じて経済危機を克服し企業の社会的責任を果たし、新政府と共に大韓民国がグローバル先導国家に跳躍できるよう最善の努力を尽くす」と明らかにした。

大韓商工会議所は「国家経済の発展と国民生活の質向上のために積極的な投資と働き口創出、社会的責任完遂により多くの努力を傾ける」と誓った。

全国経済人連合会も「企業本来の役割を果たし、韓国経済の再跳躍のために努力する」とし、果敢な投資と雇用拡大などを約束した。

参考記事:韓国企業の45%が「新政権発足後、日韓関係は改善するだろう」と期待寄せる
参考記事:「半導体は国家安保資産」…大統領職引継ぎ委、韓国の超格差確保を支援
参考記事:サムスンがトップを守るには…ユン次期大統領の「半導体公約」は実現するか

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Galaxy S22FE、発売しない見通し…2年ぶりに「生産中止」観測
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062401/

Load More
TOP