止まらないウォン安…長期化も懸念され緊張感が高まる韓国経済

最近、米ドル為替レートの上昇によるウォン安が続き、金融市場の緊張感が高まっている。ウォン安が急激に進んだためだ。専門家らは、ドルに対するウォン相場の上段を1300ウォン(約130.59円)まで想定しておかなければならないと分析している。韓国メディア「METRO新聞」が報じた。(写真:iStock)

最近、韓国銀行のイ・チャンヨン総裁が「米国の金利が上がる状況でドル高となっており、他の多くの国々の為替レートが切り下げられているが、ウォンの切り下げ幅が他の国に比べて激しい方ではない」と市場を安心させたが、実際の状況はそうではない。

韓国の貿易収支(左・太線)とウォン/ドル為替レート(右・細線)の推移(NH投資証券)

15日、ソウル外国為替市場によると、今月13日1ドル当たり1284.2ウォン(約129.01円)で取引を終えた。前営業日(1288.6ウォン、約129.45円))より4.4ウォン(約0.44円)下落したが、これは一時的だという評価だ。金融市場ではウォン安がしばらく続くものと予想した。

実際、ウォン相場は1300ウォン(約130.59円)まで迫っている。今月12日にはウォン・ドル為替レートが12年10ヶ月ぶりに最も高い水準である1288.6ウォン(約129.45円)で取引を終えた。特に、取引中は1291.5ウォン(約129.74円)まで急騰するなど、前日記録した取引中の最高値(1280.2ウォン、約128.60円)を再び突破した。これはなんと5取引日連続で最高値更新だ。取引中の高価基準でウォン・ドル為替レートが1290ウォン(約129.59円)を越えたのは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大直後の2020年3月19日(1296.0ウォン、約130.19円)以後2年2ヶ月ぶりだ。

このようにウォン安が進んだのは、韓国経済の対外リスク要因と米ドル為替レート上昇期待に対する市場反応が複合的に作用したことに起因したものと分析される。

韓国経済は国際原材料の輸入、中国経済、半導体などに対する依存度が高い。したがって、国際原材料価格の上昇、中国経済の不安、半導体景気の鈍化憂慮などの対外リスクがウォン安の要因として作用したという分析だ。

ここに最近、米連邦準備制度の緊縮が強化される可能性が高くなっただけに、今後のウォン安が長期化する可能性があるという指摘が出ている。今年4月、米国の消費者物価上昇率は8.3%で2ヶ月連続高物価を継続している。今年3月(8.5%)に続き、2ヵ月連続8%台を記録した。市場予測値(8.1%)を上回った。これに伴い、パウエル連準議長は最近の連邦公開市場委員会(FOMC)で基準金利を一気に0.5%上げる「ビッグステップ」を断行した。これは2000年以降、最大幅の引き上げでもある。

問題は対外経済環境だ。

通常、ウォン安は輸出依存度の高い韓国経済に大きく役立つ。輸出企業の場合、ドルを対価にして品物を売るためだ。つまり、ドル高(ウォン安)に伴って売上が高まる。

韓国銀行によると、3月の輸出は前年同月比93億5000万ドル(約1兆2060億円)(16.9%)増の634億8000万ドル(約8兆1880億円)だ。17ヵ月連続で増加傾向を続けている。石油製品、半導体など主要品目が好調を見せた影響だ。

ただ、最近ウクライナ事態などで原材料価格が急騰し、インフレ(物価上昇)で世界景気鈍化の懸念が浮上し、輸出増加を期待しにくい状況だ。

NH投資証券のクォン・アミン研究員は「ウォン安はロシア発戦争、米連邦準備制度の緊縮および中国景気鈍化など対外発の悪材料に起因したものと見られる」として「高為替レートは民間企業・金融機関の外債償還負担に対する憂慮を加重する恐れがある」と憂慮した。

参考記事:サムスン電子の半導体供給不足は来年度緩和へ…来年度は最高益更新か
参考記事:[特集]韓国経済界は下半期の輸出鈍化を予想…電気電子産業で最も懸念高く

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP