さすがサムスン…スマートフォンの世界シェアで3ヵ月連続1位を記録

サムスン電子のグローバルスマートフォンが3ヵ月連続1位を記録した。それだけでなく、グローバルスマートフォン全体での販売量が減少しているにもかかわらずサムスン電子の販売量はむしろ増えており、注目を集めた。韓国メディア「韓国スポーツ経済」が報じた。(写真:GalaxyS22シリーズ=聯合ニュース)

28日、市場調査会社のカウンターポイントリサーチによると、サムスン電子は今年4月、グローバルスマートフォン市場シェア24%でトップについた。2位のアップルは15%、3位のシャオミは12%だった。

特に、サムスン電子は今年4月の月間シェア基準で、2017年4月(25%)に続き最高値を記録し、3ヵ月連続で世界トップについた。

また、サムスン電子はインド市場で2020年8月以降初めて月間シェア1位に上がった。ただ、具体的な現地市場シェアは公開されなかった。

目を引く点はスマートフォン販売量が減少した中で、サムスン電子の販売量はより一層増えたということだ。カウンターポイントリサーチ集計基準で4月の全世界スマートフォン販売量は昨年同月対比8%減少したが、サムスン電子の販売量は9%増えた。

サムスン電子のスマートフォンシェアの上昇と販売量の増加を牽引したのは、Galaxy S22シリーズとGalaxy Aシリーズと分析される。

カウンターポイントリサーチのタルン・パタク研究員は「プレミアム機器であるGalaxy S22シリーズと中低価格ラインナップであるGalaxy Aシリーズの販売好調が(サムスン電子のスマートフォン)成長を主導した」と明らかにした。

中国スマートフォン市場の不振にともなう影響も大きくなかった。サムスン電子は中国市場でのシェアが0.7~0.8%で微々たる水準であるためだ。

一方、カウンターポイントリサーチは今年第2四半期にもサムスン電子が世界スマートフォン市場で先頭を維持するものと見通した。

参考記事:Galaxy S22効果…サムスン電子、第1四半期のスマホ世界シェアで1位を維持
参考記事:「Galaxyの進撃、尋常ではない」サムスン、アップルのお膝元でシェア拡大
参考記事:サムスン電子、下半期に普及版スマホに「エクシノス」搭載…APシェア拡大へ

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP