サムスン電子、超高画素イメージセンサーシェア上昇…首位ソニーを「猛追」

サムスン電子がイメージセンサー分野で世界トップのソニーとの格差を縮めている。

29日、市場調査会社のストラテジーアナリティクスによると、今年第1四半期のサムスン電子スマートフォンイメージセンサー市場シェア(売上基準)は、直前四半期より2.6%P上昇した28.7%で、この2年間のシェアの中で最も高い水準を記録した。微細ピクセル基盤の1億8000万画素、5000万画素など高画素製品の販売好調にともなう結果と解説される。韓国メディア「エナジー経済」が報じた。(写真:サムスン2億画素イメージセンサーを活用した大型印刷物=エナジー経済)
原文リンク:https://www.ekn.kr/web/view.php?key=20220529010004734

ソニーはスマートフォン顧客企業の需要が減り、イメージセンサーの出荷量が減少したものと分析される。これを受け、ソニーと2位のサムスン電子間のシェア格差は、昨年第4四半期の24.5%から今年第1四半期は15.9%へと縮まった。

メモリ半導体世界トップのサムスン電子は、システム半導体分野でもトップに躍り出るため、イメージセンサーの競争力を高めている。サムスン電子は超格差技術の開発と攻撃的な投資を土台に2030年までにシステム半導体分野で世界1位になることを目標にしている。イメージセンサーはカメラレンズに入ってきた光をデジタル信号に変えてイメージを作るシステム半導体だ。

サムスン電子は2019年、ソニーより先に1億800万画素のイメージセンサーを世界で初めて発売し、昨年9月にも業界で初めて2億画素のイメージセンサーを開発した。サムスンが開発した2億画素のイメージセンサーは本格量産に入り、今年初めてスマートフォンに搭載される予定だ。

サムスン電子は最近、自社のニュースルームを通じて、2億画素のイメージセンサーで撮影した超大型のネコの印刷物の製作過程を公開した。バスケットボールコート面積1.5倍規模の616㎡(横28m・縦22m)サイズの超大型印刷物製作過程を公開し、2億画素イメージセンサーが備えた解像度を強調した。

業界関係者は「イメージセンサーはスマートフォンだけでなく、自律走行車、ドローンなど第4次産業革命の必須部品として今後爆発的な成長が予想される分野」とし「サムスンがシステム半導体1位の目標を公言しただけに、今後ソニーに追いつけようとするサムスンの追撃がより一層激しくなるだろう」と述べた。

参考記事:韓国、イメージセンサー生産最大国に…サムスン・SKが首位ソニーを追撃
参考記事:車両用イメージセンサー急成長、サムスン・SKがハイエンド市場を狙う
参考記事:サムスン電子、イメージセンサー市場でシェア30%を記録しソニーを猛追

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP