LG化学、中国ファユコバルト子会社のB&Mと正極材の合弁会社を設立

LG化学が中国ファユコバルトの正極材子会社であるB&Mと合弁法人を設立し、バッテリー素材分野の競争力強化に乗り出す。

31日、LG化学(051910)は前日、ソウル汝矣島(ヨイド)のLGツインタワーでB&Mと合弁法人設立契約を締結したと発表した。韓国メディア「証券経済新聞」が報じた。(写真:LG化学とファユコバルト間の契約締結式=LG化学)
原文リンク:http://www.koreastocknews.com/news/articleView.html?idxno=72574

合弁法人は昨年末、政府の共生型雇用で発足したLG化学の子会社である亀尾(クミ)正極材法人にファユコバルトの子会社であるB&Mが持分を投資する方式で設立される。

LG化学は51%の持分を、B&Mは49%の持分を確保することになる。合弁法人は初期出資金をはじめ、追加の資金調達を通じて2025年までに約5000億ウォン(約516億円)を投資することになる。

また、転換される合弁法人のCEOは既存の亀尾正極材法人のキム・ウソン代表が引き受ける。

合弁法人はLG化学が集中的に育成し、次世代電気自動車バッテリー用NCMA(ニッケル・コバルト・マンガン・アルミニウム)正極材専用ラインとして構築される。

年間生産能力は約6万トン以上の規模で、2024年下半期から部分量産を始める予定だ。これは高性能純電気自動車(EV、500km走行可能)約50万台分のバッテリーを作ることができる水準だ。

LG化学は今回の合弁法人設立を通じて原材料価格上昇が深化する状況で、ニッケル、コバルトなど正極材生産に必須なメタルを安定的に確保できるようになった。

参考記事:LG化学、バッテリーの熱暴走を遅らせるプラスチック素材を開発
参考記事:LG化学、次世代バッテリー正極材工場を亀尾に建設、着工式開催
参考記事:LGエナジーS「上場財源13兆ウォンを次世代バッテリー開発に投資」

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP