ヒンジは薄く、横幅は広く…大きく変わったGalaxy Fold4はどんな姿か

「Fold4がFold3と非常に似ているという主張は信じないでください。特に、Fold4のヒンジ(蝶番)部分は大きく変わりました。」

今年下半期の発売が予想されるGalaxy Z Fold4に対し、海外で有名なITチップスター(情報流出者)であるアイスユニバース(Ice universe)が1日午前、ツイッターにこのようなツイートを残した。彼が一緒に掲載した1枚の写真には、Galaxy Z Fold3とGalaxy 4と書かれた2台のスマートフォン写真が並んで掲載された。該当写真上、Galaxy Fold4はGalaxy Fold3より横はやや長く、縦はやや短い。ヒンジ部分が非常に薄くなったものと見られる。韓国メディア「The JoongAng」が報じた。(写真:アイスユニバース twitterキャプチャ)
原文リンク:https://www.joongang.co.kr/article/25075952#home

アイスユニバースは先月30日にも、Galaxy Fold4と関連した情報を数回ツイートした。この日は特に「100%正確だ」とし、Galaxy Fold4の詳細スペックを公開した。

該当ツイートによると、Galaxy Fold4の画面を広げた時、メインディスプレイは7.6型、カバーディスプレイは6.2型で、前作のGalaxy Fold3とディスプレイの大きさは同じだ。ただし先月初め、アイスユニバースはツイートでFold4のメイン・カバーディスプレイの横·縦比率が変わると予告した。メインディスプレイは5:4から6:5の割合で、カバーディスプレイは24.5:9から23:9に変わると見通した。外部のスクリーンは左右に広がり、内部のスクリーンは上下に長くなるということだ。

大きく変わる点はカメラ性能の変化だ。アイスユニバースは、Galaxy Fold4に5000万画素のメインカメラが搭載され、1200万画素の超広角カメラと1000万画素の望遠カメラがトリプルカメラで搭載されるものと予想した。前面カメラはGalaxy Fold3と同じようにUDC400万画素カメラを、カバーカメラには1000万画素カメラが搭載されると予想した。UDCは前面カメラをディスプレイの後ろに隠して画面全体をフルスクリーンで見られるようにする技術をいう。

スマートフォンの頭脳の役割をするアプリケーションプロセッサー(AP)は、クアルコムのスナップドラゴン8+第1世代を搭載し、RAMは12GB、容量は256GBと512GBの保存空間が提供されるものと予想した。

サムスン電子は昨年8月、横に折れるGalaxy Z Flip3を公開した。Galaxy Fold3の発売当時の価格は256GB内蔵メモリモデルが199万8799ウォン(約20万6966円)、512GBモデルが209万7700ウォン(約21万7207円)だった。高価なスマートフォンだが、フォルダブルフォンが人気を集め、2021年のGalaxy Zシリーズの販売量は前年対比4倍以上増加した。

市場調査会社のカウンターポイントリサーチは、Galaxy Zシリーズ発売後、米国内のサムスンスマートフォン販売量のうち、フォルダブルフォンの割合が前年度0.6%から2021年12%まで増えたという結果を出した。当時カウンターポイントリサーチはZシリーズに対して「既存モデルとの差別化不足を乗り越え、新しいフォームファクターを期待する消費者の要求に適切に対応した」とし「ただし市場優位を維持するためには販売量をさらに引き上げる必要がある」と分析した。

参考記事:サムスン電子、8月に「Galaxy Z Fold4」公開見通し…今年も通じるか?
参考記事:Galaxy Z Flip4、バッテリー大容量化で充電速度も速くなるか
参考記事:サムスン電子が昨年開発した「2億画素カメラ」、Galaxyへの搭載はいつ頃か

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP