DRAM価格、下げ幅は予想より少なく…サムスン、歴代級の業績を塗り替えるか

最近、メモリ半導体価格の下落幅が憂慮された水準には及ばず、サムスン電子の第2四半期(4~6月)半導体事業の業績が過去最大記録を再び塗り替える可能性があるという見通しが出ている。特に、下半期のピーク期を控えてDRAM出荷量が増え、半導体全体の業績が好調を見せるだろうという分析だ。韓国メディア「News1」が報じた。(写真:半導体ウェハー=News1)
原文記事:https://www.news1.kr/articles/?4699292

5日、市場調査会社のDRAMエクスチェンジによると、5月のDRAMパソコン向け汎用製品(DDR4 8Gb基準)の平均固定取引価格は3.35ドル(約438円)で、前月(3.41ドル、約446円)より1.76%下がった。1月に下落した以後、横ばいを続けたDRAM価格は4ヶ月ぶりに下落傾向を記録した。

ただし当初DRAM固定取引価格下落率が3~8%と予想された点を考慮すれば、下げ幅が憂慮よりは小さいという評価が提起されている。市場調査会社のトレンドフォースは「下半期(電子製品)のピーク期についてDRAM供給者と購買者の両方が期待を持っている」とし「価格を安定的に維持するのが(下半期)DRAM需給安定化を通じた(電子製品)需要の促進に効果的だと考えたものと見られる」と明らかにした。

DRAMの出荷量は増えているという。昨年、COVID-19で投資が十分にできなかったグーグルなどクラウドデータセンター企業が今年に入って投資を増やし、サーバ向けDRAM出荷量が増加しているということだ。NH投資証券は今年、サーバ向けDRAMの需要が前年より27%増えるものと予想した。サムスン電子のDRAM売上のうち、サーバ向け製品の割合は3分の1以上と高い。

また、今年下半期にスマートフォン・電子製品の需要回復を予想する顧客会社のDRAM注文が増加し、価格も安定化の兆しを見せている。昨年7月に4.1ドル(約537円)だったDRAM固定取引価格は、昨年10月(-9.51%)と今年1月(-8.09%)大幅に下落したが、今年5月(-1.76%)には下げ幅を大幅に減らした。メリッツ証券のキム・ソンウ研究員は「長期成長のために顧客会社が注文を持続的に増やし、販売価格も反騰するだろう」と話した。

NAND型フラッシュ価格が下落しなかった点も肯定的だ。5月のNAND型フラッシュ(MLC128Gb基準)の平均固定取引価格は4.81ドル(約630円)で、前月と同じものと集計された。NAND価格は昨年7月から11ヵ月間横ばいを維持している。トレンドフォースは、企業向け高速保存装置(SSD)の需要回復に支えられ、第2四半期の全世界のNAND型フラッシュの売上規模が前期比10%以上増加するものと予想した。

メモリ価格は予想より少し下がった反面、出荷量は増え、サムスン電子の第2四半期業績が改善傾向を見せるだろうという観測が出ている。メリッツ証券は、サムスン電子の第2四半期のDRAM平均販売価格が前期比1%下落するが、出荷量は15%増え、14兆2000億ウォン(約1兆4844億円)のDRAM売上を記録するものと予想した。NAND型フラッシュも価格は5%、出荷量は10%増加し、9兆8000億ウォン(約1兆244億円)のNAND型売上を上げるものと見た。第2四半期のサムスン電子半導体全体の売上は30兆2000億ウォン(約3兆1569億円)、営業利益は11兆4000億ウォン(約1兆1917億円)と予想した。過去最大の記録だった第1四半期(売上26兆8700億ウォン、約2兆8088億円、営業利益8兆4500億ウォン、約8833億円)を上回る。

このような半導体事業の善戦で、サムスン電子全体の業績も歴代級の水準を記録するものと見られる。金融情報会社のエフアンドガイドが集計したコンセンサス(証券会社の予測値平均)によると、サムスン電子は第2四半期の売上78兆5685億ウォン(約8兆2130億円)、営業利益15兆3332億ウォン(約1兆6028億円)を記録するものと推定された。この予測どおりなら、売上は四半期過去最大記録であり、営業利益は半導体の超好況だった2018年第1四半期(15兆6400億ウォン、約1兆6349億円)に匹敵する。

変化要因は戦争・インフレなどで消費者需要の劣勢が持続する場合だ。下半期のピーク期需要が予想を下回ると、半導体価格の下落幅が大きくなり、全体売上と営業利益規模も減る可能性がある。KB証券のキム・ドンウォン研究員は「マクロ(マクロ経済)不確実性は下半期のメモリ半導体需要改善の可能性を弱化させている」とし「サーバ向けDRAM需要の増加では中国のスマートフォン・PC需要鈍化を相殺するのは難しいだろう」と話した。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP