LCDのみならずテレビ用OLEDにも目を向ける中国…シェア99%のLGが揺らぐ

中国最大のディスプレイメーカーBOEがスマートフォン用中小型発光ダイオード(OLED)を超え、テレビ用OLED市場に目を向けている。中国がテレビ用OLEDパネル市場で低価格攻勢を繰り広げる場合、LGディスプレイなど韓国企業のOLED競争力が揺れるだろうという懸念が出ている。韓国メディア「ChosunBiz」が報じた。(写真:BOEの研究員がディスプレイ技術を点検している様子=BOE)
原文記事:https://biz.chosun.com/it-science/ict/2022/06/06/UC2HR2OTUFA67JU4IZ3VRV4F3M/

6日、市場調査会社DSCCは最近の報告書で、中国BOEがテレビ用大型OLEDパネルの商用化を準備していると明らかにした。BOEが商用化を準備するテレビ用OLEDのサイズは55インチから95インチまで計5種だという。事実上、テレビ用に販売されるすべてのサイズのOLEDパネルを作るということだ。

BOEは先月、米カリフォルニアで開かれた世界最大規模のディスプレイ展示会で、95インチサイズの8K(7680×4320)OLEDパネルをサプライズ披露した。この製品は白い光を放つ素子を発光源として使うLGディスプレイのW(ホワイト)-OLEDと同じ方式で製作された。最大明るさ800nit(ニット・1ニットはろうそく一つの明るさ)に120Hz高走査率(1秒でディスプレイに現れるフレームの個数)を実現した。LGディスプレイが作っているプレミアムOLEDパネルと似た性能だ。

BOEは中国合肥にある第8世代(2200㎜×2500㎜)B5研究開発(R&D)用生産ラインでテレビ用OLEDパネルを試験生産することにした。年間出荷量は今年に30万台程度と業界は予想している。これは昨年の全体テレビ出荷量(2億1354万台)の0.1%に過ぎない数字だが、テレビ用OLEDパネル(昨年652万台)を基準に5%を超える規模だ。

BOEがテレビ用OLEDパネルに目を向けるのは、大型OLEDパネルの需要が急速に増えているためだ。市場調査会社のオムディアによると、全世界のテレビ用OLED累積出荷量は4月基準で2000万台を越えた。2013年にOLEDテレビが初めて発売された後、10年ぶりに収めた成果で、液晶表示装置(LCD)パネルと比較してより速い普及速度だ。

テレビ用OLEDの累積出荷量の増加速度は、時間が経つにつれてさらに速くなっている。テレビ用OLED累積出荷量が1000万台を超えたのは、初発売後7年ぶりのことだ。ところが、累積出荷量が1000万台から2000万台へと2倍増えるのに2年もかからなかった。テレビ用OLEDがプレミアム製品として定着し、最近になって需要が急速に増えているという意味だ。

業界は今年、全世界のテレビ用OLEDパネルの年間出荷量が初めて1000万台を超えるものと期待している。全世界のOLEDパネル出荷量の大部分を牽引するLGディスプレイの場合、すでに1000万台以上の量産施設を備えている。業界はLGディスプレイが下半期に中国広州のOLED生産ライン稼動を本格的に開始し、年間1000万台生産を達成するものと予想している。

サムスンディスプレイも今年初めから大型量子ドット(QD)-OLEDパネルを前面に出してテレビ用OLED市場に参入した。サムスンディスプレイの今年のテレビ用QD-OLED出荷量は60万台水準と予想される。これを受け、今年のテレビ用OLEDパネルの売上比重(オムディアの予測)はLGディスプレイ88.6%、サムスンディスプレイ11.4%が見込まれる。

BOEがテレビ用OLED市場に本格的に進出する場合、韓国国内企業のシェアは下落する可能性がある。BOEが生産ラインを増やし、年間出荷量を100万台以上に増やすことになれば、テレビ用OLEDパネル市場で韓国メーカーのシェアは10%以上減少する可能性がある。業界関係者は「BOEはその気になればテレビ用OLEDパネルを量産できる技術力をすでに備えている状態だ」とし「LCDの二の舞いを踏まないためにはOLED産業を育てるための政府次元の積極的な支援が必要だ」と述べた。

参考記事:中国の封鎖解除に…韓国ディスプレイ・部品業界で業績回復への期待高まる
参考記事:サムスンは事業中止、LGは当面維持…LCD事業の方向が異なる理由は?
参考記事:「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP