韓国の家計負債は依然としてGDP対比世界1位、経済規模を上回る104%超水準

今年に入って数ヵ月間の家計向け融資がやや減少したが、韓国の家計の借金(負債)は、依然として国家経済規模を考慮する際、世界36の主要国(ユーロ地域では、単一の統計)のうち、最も多いのが確認された。韓国メディア「毎日経済TV」が報じた。(写真:聯合ニュース)
原文記事:http://mbnmoney.mbn.co.kr/news/view?news_no=MM1004652405

しかも、日本、米国など主要国の国内総生産(GDP)比家計負債の割合がCOVID-19危機の頂点を過ぎ、1年前より4%ポイント(p)以上下がったことと比較して韓国の下落率は0.7%ポイントに止まった。

今日(6日)、国際金融協会(IIF)の世界の負債(Global Debt)報告書によると、今年第1四半期基準で、世界36ヵ国の国内総生産(GDP)比家計負債の割合を調査した結果、韓国が104.3%で最も高かった。

続いて、レバノン(97.8%)、香港(95.3%)、タイ(89.7%)、英国(83.9%)、米国(76.1%)、マレーシア(72.8%)、中国(62.1%)、日本(59.7%)、ユーロ地域(59.6%)が10位内に入った。

調査対象国家の中で家計負債が経済規模(GDP)を上回る場合は、韓国が唯一だ。

1年前の昨年第1四半期と比較すると、韓国の家計負債比率は105.0%から104.3%に0.7%ポイント(p)下がった。

しかし、韓国の下落幅(0.7%ポイント)は、英国(7.2%ポイント)、米国(4.7%ポイント)、日本(4.6%ポイント)、ユーロ地域(2.9%ポイント)などと比較して明確に小さかった。

香港(91.8→95.3%・+3.5%ポイント)、ブラジル(36.4→37.6%・+1.2%ポイント)、中国(61.5→62.1%・+0.6%ポイント)、ガーナ(2.5→2.8%・+0.3%ポイント)、エジプト(8.8→9.1%・+0.3%ポイント)、ナイジェリア(7.1→7.3%・+0.2%ポイント)を除いた全ての国のGDP比家計負債の割合は1年前と比較して同じか又は落ちた。

企業の負債の場合、減るどころか増加速度が世界2位に上がるほどもっと早くなった。

GDP比韓国非金融企業の負債比率は第1四半期現在、116.8%と、香港(281.6%)、レバノン(223.6%)、シンガポール(163.7%)、中国(156.6%)、ベトナム(140.2%)、日本(118.7%)に続いて七番目に高かった。

特に韓国企業の負債比率は1年の間5.5%ポイント(111.3→116.8%)も上昇したが、このような上昇幅は、ベトナム(129.3→140.2%・+10.9%ポイント)に次いで36ヵ国のうち、二番目に大きかった。

一方、政府部門の負債のGDP比の割合(44.6%)は25位、1年間、政府負債比率の増加スピード(45.8→44.6%・-1.2%ポイント)は15位の中位圏だった。

経済規模と比較して政府負債が最も多い国は日本(248.7%)で、負債の増加スピードはレバノン(186.6→202.2%・15.6%ポイント)、タイ(47.4→53.7%・6.3%ポイント)が1、2位を占めた。

IIFは報告書で「GDP比世界(調査対象国全体)の負債(家計+企業+政府+金融部門)の割合は約348%に、2021年1四半期の頂点より15%ポイントほど下げられており、特にEU諸国で大きな改善があった」と明らかにした。

IIFは「しかし、韓国、ベトナム、タイなどは、(自国基準で)最大の増の記録を打ち立てた」と付け加えた。

参考記事:韓国、スタグフレーションの可能性は限定的…「インフレに優先対応すべき」
参考記事:米国での基準金利引き上げの動き、国内経済への影響で悩む韓国新政府
参考記事:「韓国経済は壁に直面し、3年後は台湾に追いつかれる」日本メディアが報道

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP