「Galaxy Flip4発売が切実」…ファーウェイ進撃にサムスンのシェアは22%減

サムスン電子が独占しているフォルダブルフォン市場にファーウェイが凄まじい速度でシェアを高めている。サムスンは昨年下半期だけでも全世界90%以上のシェアを記録したが、新製品発売効果に支えられたファーウェイ成長で今年に入っては70%台まで縮まった。韓国メディア「マネートゥデイ」が報じた。(写真:ファーウェイが昨年12月に披露したフォルダブルフォンP50ポケット=ファーウェイ)
原文記事:https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2022061016552678778

11日、市場調査会社のディスプレイ・サプライチェーン・コンサルタント(DSCC)によると、今年第1四半期のグローバルフォルダブルフォン市場でサムスン電子は74%のシェアで1位を記録した。依然として圧倒的なシェアだが、直前四半期(2021年第4四半期)の96%と比べると、22%p(ポイント)減少した。

サムスンが停滞している間にファーウェイが大幅に上昇した。昨年第4四半期に5%未満のシェアにとどまったファーウェイは、今年第1四半期に20%までシェアを上げ、2位に上がった。同期間、OPPO、アーナー、VIVO、ロヨル、シャオミなど、もう一つの中国メーカーは2%未満のシェアを記録した。

第1四半期に最も多く販売されたモデルは51%のシェアを記録したサムスンのGalaxy Z Flip3だった。Galaxy Z Flip3は昨年8月の発売後、3四半期連続で世界販売台数1位を維持している。Galaxy Z Fold3は21%のシェアで3四半期連続2位を記録している。3位はファーウェイが昨年12月に発売したP50ポケットだ。第1四半期のP50ポケットのグローバルシェアは20%で、Galaxy Z Fold3を目前まで追い上げている。

P50ポケットはファーウェイが初めて披露した「クラムシェル(貝殻、Clamshell)」形態のフォルダブルフォンだ。ファーウェイは昨年12月、中国内のP50ポケットを発売した後、今年1月にマレーシアなどグローバル市場にも発売した。

P50ポケットはグローバル市場では大きく善戦できなかったが、愛国消費に支えられ、自国では高い販売量を見せた。業界関係者は「P50ポケット販売量90%以上が中国市場でなされただろう」とし「特にアンドロイドオペレーティングシステム(OS)ではなくファーウェイ独自のOSを使うという点は海外攻略に最も大きな障害物だっただろう」と話した。

ファーウェイの今回のシェア反騰が一時的になりうるという意見もある。この関係者は「新製品発売効果でシェアが一時的に反騰したのであり、下半期にサムスンの新製品が発売されればシェア格差はまた広がるだろう」とし「サムスンが下半期にフォルダブルフォン新製品を発売すればまた90%台シェアを回復するだろう」と説明した。

実際、スマートフォンの新製品が発売されれば、シェアが一時的に高くなる効果がある。サムスン電子の場合、Galaxy Z Fold3・Flip3が発売された昨年第3四半期の全世界フォルダブルフォンシェアはなんと93%に達した。その後、第4四半期には96%まで上昇した。

一方、サムスン電子が今年下半期発売予定のGalaxy Z Fold4・Flip4は8月中旬に公開、同月末に発売される見通しだ。ITチップスター(情報流出者)のジョンプロッサーは最近、自身のツイッターを通じて「Galaxy Z Fold4・Flip4は今年8月10日に披露し、同月26日に発売する」と推定した。

参考記事:「今年のフォルダブルフォン市場は2倍に成長」…サムスン独走でシェア拡大
参考記事:フォルダブルフォンのライバル続々…サムスンは技術「超格差」確保に集中
参考記事:サムスン主導の「フォルダブルフォン」、今後は各メーカーから登場か

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP