「折りたたみ部分のシワが消えた」…Galaxy Z Flip4、実物写真が流出か

サムスン電子の次世代フォルダブル(折り畳み)スマートフォン「Galaxy Z Flip4」のディスプレイ写真が流出した。これまでフォルダブルフォンの大きな短所として挙げられてきたヒンジ(蝶番)部分のシワがほとんど見えない。韓国メディア「電子新聞」が報じた。(写真:Galaxy Zflip4推定イメージ=アイスユニバースtwitter/TechTalkTVキャプチャ)
原文記事:https://www.etnews.com/20220613000101

有名ITチップスター(情報流出者)アイスユニバースは最近、Galaxy Z Flip4と推定される実物機器の写真を公開した。アイスユニバースは該当写真がGalaxy Z Flip4のメインディスプレイだと説明し、「画面のシワが前作対比ではるかに浅い。ほとんどの人が満足できる水準だ」と伝えた。

Galaxy Zflip4推定イメージ=アイスユニバースtwitter/TechTalkTVキャプチャ

公開された写真の中の機器は肉眼で識別できるシワがほとんど見えない。これに対しサムスン電子がフォルダブルフォンの参入障壁とされる画面中央の「シワ問題」を改善することに成功したようだという意見が広がっている。

Galaxy Zflip4実物機器推定イメージ TechTalkTVキャプチャ

前作と比べて薄くなった蝶番が目立つ。画面が折れる部分の蝶番が改善され、機器の厚さはさらに薄くなるものと見られる。

先の外信報道を総合すれば、Galaxy Z Flip4は6.7インチFHD+スーパー能動型有機発光ダイオード(AMOLED)ディスプレイを搭載し、120ヘルツ(Hz)走査率を支援する見通しだ。カバーディスプレイは2.1インチで、前作の1.9インチよりやや大きくなる。

Galaxy Z Flip4は、背面1200万画素のメインカメラと1200万画素の超広角カメラ、前面1000万画素の自撮りカメラを備えるという。

バッテリー容量は以前のモデルより400ミリアンペア時(mAh)増えた3700mAhと予想される。有線充電速度は15ワット(W)から25Wにアップグレードされる。

一方、サムスン電子は早ければ今年8月、Galaxy Z Flip4・Fold4などのフォルダブルフォン新作を披露する見通しだ。両製品ともクアルコム最新作「スナップドラゴン8+第1世代」を搭載し、カメラスペック、バッテリー容量などのアップグレードが期待される。

参考記事:「Galaxy Flip4発売が切実」…ファーウェイ進撃にサムスンのシェアは22%減
参考記事:ヒンジは薄く、横幅は広く…大きく変わったGalaxy Fold4はどんな姿か
参考記事:サムスン電子、8月に「Galaxy Z Fold4」公開見通し…今年も通じるか?

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP