「アップルよりかなり遅れている」…「ギャラクシーウォッチ5」酷評の理由

サムスン電子が今年下半期に発売すると予想される「ギャラクシーウォッチ5(仮称)」が情報技術(IT)チップスター(情報流出者)から酷評を受けた。韓国メディア「韓国経済」が報じた。(写真:ギャラクシーウォッチとアップルウォッチ=各社サイトより)
原文記事:https://www.hankyung.com/it/article/202206152230g

15日業界によると、ITチップスター「アイスユニバース」は今月13日のツイッターに「サムスンのギャラクシーウォッチ5がますますかっこ悪くなっている。ギャラクシーウォッチ5シリーズとアップルウォッチの間の格差がますます大きくなっている」と評価した。

外国メディア報道などによると、サムスン電子は一般とクラシックモデルで発売したウォッチシリーズを一般とプロモデルに変更するという。

アイスユニバースが発売前のギャラクシーウォッチ5を狙撃したのは「デザイン」のためだ。彼は「ギャラクシーウォッチ5プロのベゼルとメタルフレームが依然として広い。アップルのスタイリッシュなデザインにかなり劣る」と評した。ギャラクシーウォッチ5プロのベゼルが広すぎるという説明が続いた。

ITチップスター「アイスユニバース」のtwitterキャプチャ

一部ではサムスン電子がギャラクシーウォッチ5で既存の「クラシック」モデルの代わりに「プロ」モデルを発売し、クラシックモデルの象徴だった「回転式ベゼル」を採用しないという予測に対しても批判の強度を高めている。

IT専門メディアのサムモバイルは「サムスンがギャラクシーウォッチ5で物理的回転ベゼルを捨てるという」とし「(サムスンは)これがスマートウォッチデザイン要素だということを知っており、このために多くの顧客を確保することができた」と話した。続けて「回転ベゼルはハードウェアとソフトウェアが調和を成す立派な例になった」と分析した。

ただ、ギャラクシーウォッチ5について肯定的な評価も出ている状況だ。特に慢性的な問題点として指摘されていたバッテリー容量問題が解決される兆しが見える。サムモバイルによると、ギャラクシーウォッチ5はプロモデルで前作ギャラクシーウォッチ4よりバッテリー容量が約60%ほど増える見通しだ。ここに傷に強い素材であるサファイアガラス材質の液晶を搭載するだろうという予測も提起されている。

一部では心電図測定機能で話題を集めたギャラクシーウォッチが、今回の新製品では皮膚温度センサーを含むだろうという予測も慎重に出している。ただし、TFインターナショナルのグォミンチ研究員はツイッターに「サムスン電子もこのような挑戦に直面しているが、既存言論報道とは異なりギャラクシーウォッチ5はアルゴリズム限界により体温測定を採用しない可能性が高い」と見通した。

参考記事:怪物級バッテリーを搭載したギャラクシーウォッチ5「プロ」発売なるか?
参考記事:サムスンがギャラクシーウォッチ・ゴルフエディションなど発売。全世界のゴルフ場・コース・グリーン情報など
参考記事:サムスン、第2四半期のスマートウォッチ出荷量43%増…Galaxy Watch3が善戦

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP