サムスン電子、1Qは欧州スマホ出荷量減少の中でもシェア1位を維持

今年第1四半期の欧州市場スマートフォン出荷量が前年同期対比12%減少した中でサムスン電子がシェア1位を記録した。欧州市場はスマートフォンの販売量が低調でサムスン電子の出荷量も減少したが、シェア1位は維持した。韓国メディア「sisajournal」が報じた。(写真:カウンターポイントリサーチ=sisajournal)
原文記事:http://www.sisajournal-e.com/news/articleView.html?idxno=276781

18日、市場調査会社カウンターポイントリサーチによると、サムスン電子の第1四半期の欧州スマートフォン市場シェアは35%と集計された。前年同期(37%)より2%ポイント減少した。

2位は第1四半期に中低価格製品である「iPhone SE第3世代」を発売したアップルだ。市場シェアは24%から25%へと拡大し、サムスン電子との格差は13%ポイントから10%ポイントへと縮まった。

3~5位は中国企業であるシャオミ、OPPO、リアルミー(Realme)がそれぞれ占めた。シャオミの市場シェアは19%から14%に減り、OPPOは6%を維持した反面、リアルミーは2%から4%に大きく伸ばした。カウンターポイントリサーチは、シャオミとOPPOが部品需給難で成長に困難を経験したが、リアルミーは欧州で最も急速に成長しているブランドだと評価した。

第1四半期の欧州市場スマートフォン出荷量は4900万台で、2013年第1四半期以後最低値を記録した。ロシア・ウクライナ戦争と持続している部品供給難、インフレによる経済状況悪化などが出荷量減少原因に挙げられる。

今年2月にフラッグシップスマートフォン「Galaxy S22」シリーズを発売したサムスン電子の出荷量も減った。カウンターポイントリサーチは、サムスン電子のロシア市場からの撤退より、全般的な欧州市場の劣勢が主な原因だと分析した。欧州全体スマートフォン出荷量でロシアの比重は6%に過ぎず、戦争長期化で原材料需給難とインフレが深刻化していると説明した。

今後の欧州市場の見通しも暗いという分析だ。物価急騰という悪材料とサムスン電子とアップルのロシア市場撤退の影響が本格化し、次の数四半期の間、欧州スマートフォン市場の成長率が持続的に減少するだろうという予想が出ている。

カウンターポイントリサーチのヤン・ストライヤック研究員は「新しい経済と地域的イシューで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と部品不足のような既存問題はさらに悪化した」とし「戦争の影響が原材料可用性減少、価格上昇、追加インフレ圧力などにつながる場合、さらに広範囲な波及を招く恐れがある」と述べた。

参考記事:Galaxy S22効果…サムスン電子、第1四半期のスマホ世界シェアで1位を維持
参考記事:Galaxy S22、世界的大ヒットに青信号…米国では商品受領まで最大3カ月待ち
参考記事:Galaxy S22、2月末から40カ国で発売開始…3月には130カ国あまりに拡大

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP