スマホの在庫が増えるサムスン電子、フォルダブルフォンの発売に集中

サムスン電子が第3四半期の開始月である7月からスマートフォン減産規模を拡大する。グローバルインフレ、ウクライナ事態、エンデミック基調拡大などによるスマートフォン販売が減少した影響と分析される。ただ、サムスン電子は今年下半期の期待作であるフォルダブルフォンの機能改善と販売に万全を期する方針だ。韓国メディア「毎日日報」が報じた。(写真:Galaxy Z flip3=サムスン電子)

先月26日業界によると、サムスン電子はすでに7月のスマートフォン生産量を当初の目標から25~30%減らすという内容を協力会社に伝えたという。日本経済新聞は7月16日、「サムスン電子が在庫急増とグローバルインフレ憂慮で新規調達注文を一時的に中止した」とし、「色々な部品供給企業に部品と部品出荷を数週間遅延または縮小することを要請した」と報道した。8~9月は状況変化により減産規模が拡大、減少することがある。

サムスン電子の今年の流通在庫数量が5000万台に迫った。これは今年の出荷量予想値2億7000万台の18%水準に達する。

昨年第4四半期、サムスン電子は攻撃的なスマートフォン販売・流通計画を立て、今年のスマートフォン生産計画を3億3400万台に設定した。これによれば適正流通在庫数量は3000万~3300万台水準でなければならない。

業界はまた、今年に発売したGalaxy A53、A73などがGalaxy Sシリーズの主要機能を相当部分吸収し、FEシリーズのポジションが曖昧になったという立場だ。

サムスン電子は今年下半期の期待作であるフォルダブルフォン「Galaxy Z Fold4」と「Galaxy Z Flip4」の発売に万全を期するものと見られる。サムスン電子は今年下半期に発売予定のフォルダブルフォンの目標出荷量を昨年対比2倍以上上方修正した。

昨年、サムスンのスマートフォン出荷量は直前年度対比6%上昇した2億7100万台で業界最高を記録した。2位のアップル(2億3790万台)よりも3310万台多い。昨年、スマートフォン市場全体で400ドル(約51万ウォン、約5万4千円)以上のプレミアムスマートフォンの販売量は24%増え、スマートフォン市場全体の成長率を上回った。プレミアムスマートフォンの販売が市場をリードしたと見ることができる。

サムスン電子はGalaxy Z Fold4のカバーディスプレイを広げ、前作よりカメラ性能の強化に乗り出した。Galaxy Z Flip4はヒンジ部分のシワ発生問題を改善した。さらに、両モデルともクアルコムの新しいアプリケーションプロセッサー(AP)であるスナップドラゴン8+第1世代を採用し、製品の競争力を高めるものと見られる。

業界関係者は「スマートフォン市場の逆成長が予想される中でサムスン電子が圧倒的な競争力を持つフォルダブルフォンを通じてスマートフォン市場地位を維持しようとする戦略と見られる」と伝えた。

参考記事:「折りたたみ部分のシワが消えた」…Galaxy Z Flip4、実物写真が流出か
参考記事:「Galaxy Flip4発売が切実」…ファーウェイ進撃にサムスンのシェアは22%減
参考記事:サムスン電子、8月に「Galaxy Z Fold4」公開見通し…今年も通じるか?

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080905/

EV分離膜製造企業のSKIET、ベトナムのビングループとグローバル市場拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080904/

米半導体装備、中国輸出規制の最大被害者はサムスン電子とSKハイニックス
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080903/

スペインでフォルダブルフォン販売6倍増…「Z Flip4」欧州での期待感高まる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080902/

サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080901/

Load More
TOP