輸出規制で損をした日本、依然技術が必要な韓国…半導体相互協力に共感

韓国と日本の間の貿易摩擦で冷えきった両国関係が財界を中心に解氷ムードに転換し、半導体素材分野の協力が最優先的に取り上げられている。日本がフッ化水素などの半導体3大核心素材輸出を規制し、韓国は国産化等を通じて対日依存度を下げた中で、究極的に半導体産業競争力強化のためには輸出規制廃止を越え生産施設の国内誘致まで積極的に検討しなければならないという声が大きくなっている。韓国メディア「ヘラルド経済」が報じた。(写真:工場内で半導体の設備点検をしている様子=サムスン電子)
原文記事:http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20220705000479

5日、財界によると、日本が2019年7月に輸出規制を下した半導体の核心素材であるフッ化水素、極紫外線(EUV)フォトレジスト、フッ化ポリイミドの3大品目の対日依存度はこの3年間、相当部分減少したという評価だ。

実際、韓国通商資源部(産業省)の資料によると、フッ化水素輸入額が2019年3630万ドル(約49億円)から昨年1250万ドル(約17億円)へと66%減少した。EUVフォトレジストはベルギー産の輸入多角化などで対日依存度が50%以下に落ち、フッ化ポリイミドも代替素材の採用で対日輸入需要が事実上ない状況だと分析した。超高純度フッ化水素の場合、韓国メーカーの国産化を通じて技術自立に成功し、他の品目も輸入先を多角化して依存度を下げたということだ。

日本のステラケミファと森田化学工業が生産していたフッ化水素は、ソルブレインなどが生産し始め、日本のJSR、信越化学などが独占しているフォトレジスト分野には、ドンジンセミケムなどが国産化に乗り出した。

しかし、一部では依然として韓国の技術自立度が低く、再び依存度が高くなる可能性もあるという指摘もある。日本経済新聞は韓国の素材・部品・装置(素・部・装)産業の国産化が「足踏み状態だ」とし、日本から輸入額が再び増加していると報道した。

漢陽(ハンヤン)大学融合電子工学部のパク・ジェグン教授(韓国半導体ディスプレイ技術学会長)は「韓日関係改善で半導体核心素材の日本依存度が高くはならないだろう」とし「日本も韓国が数年かかる国産化を数ヶ月ぶりに成し遂げたことを見て、結局日本企業が被害を受けることに気づいた。ただし、国内半導体生産において不安定な問題は依然として残っており、早く規制が解決されなければならない」と述べた。

短期的な輸出減少を経験した日本は、輸出規制がむしろ自国企業に損害だということに気づき、韓国もまだ技術力などで向上が必要だ。素材・部品・装置の弱い韓国が半導体競争力を強化するためには、両国間の協力につながらなければならないという提案が出ている。これに対しパク・ジェグン教授は「半導体素材や装備技術は需要企業であるサムスン電子やSKハイニックス近くに来るのが有利だ」とし「日本企業等が韓国に研究開発センターや生産基地を移転することも強化することが望ましい」と強調した。

全国経済人連合会のクォン・テシン副会長も「素材・部品・装備100大戦略品目の技術水準が先進国対比61%に過ぎず、半導体、ディスプレイ分野の技術力が特に脆弱な点を考慮すれば、この分野で競争力を持つ日本など先進国との協力を通じて力を育てていかなければならない」と述べた。

中国の物量攻勢とチキンレースで勝利するためには韓国・米国・日本・台湾などと半導体技術同盟を強化しなければならないという意見もある。SKテレコムのユ・ウンファン顧問も地政学的次元で日本との協力に言及した。ユ・ウンファン顧問は、ユン・ソクヨル大統領当選後、大統領職引継ぎ委員会で引継ぎ委員として活動した半導体専門家だ。ユ顧問は「日本と地政学的問題があるが、中国の猛追撃や半導体チキンレースなどが発生する可能性が高く、地理的に見ても日本と韓国が協業構造になってこそ力のバランスを合わせることができる」とし「長期的には日本と戦略的パートナーシップは重要で未来志向での関係改善が必要だ」と述べた。

参考記事:「金大中・小渕の精神」を強調した日韓財界…ユン政府での関係改善を期待
参考記事:「脱日本に成功」国産化の夢をかなえた韓国の半導体素材・部品・装備企業
参考記事:日韓関係改善の期待に…サムスン電子のイ副会長、近々日本出張を検討か

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080905/

EV分離膜製造企業のSKIET、ベトナムのビングループとグローバル市場拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080904/

米半導体装備、中国輸出規制の最大被害者はサムスン電子とSKハイニックス
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080903/

スペインでフォルダブルフォン販売6倍増…「Z Flip4」欧州での期待感高まる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080902/

サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080901/

Load More
TOP