2億画素 vs 1インチ…サムスンとソニー「イメージセンサー競争」火ぶた

サムスン電子とソニーが「スマートフォンイメージセンサー市場」で勝負に出た。サムスン電子は業界で初めて「2億画素センサー」を作り、追撃に乗り出した。ソニーはスマートフォンのイメージセンサーの中で最も大きい「1インチセンサー」で1位の座を守ることに突入した。韓国メディア「 」が報じた。(写真:ISOCELL HP3=サムスン電子)
原文記事:https://n.news.naver.com/article/005/0001538523?sid=101

サムスン電子とソニーの「イメージセンサー戦争」の中心には中国スマートフォン企業のシャオミが位置する。ハードウェア仕様を差別化地点として掲げたシャオミは、最も積極的に新技術を採用しているからだ。シャオミは4日、ドイツのカメラメーカーライカと技術協力をしたシャオミ12Sウルトラを公開した。ライカ特有の色味と感性を盛り込んだ「ライカイメージプロフィール」を採用した。イメージセンサーはソニーの1インチサイズのIMX989を使った。これまで市場に出てきたスマートフォンのイメージセンサーの中で最も大きい。画素は5000万個で、個別ピクセルの大きさは1.6マイクロメートルだ。

1インチセンサーはハイエンドコンパクトカメラに使用するサイズだ。代表的な製品がソニーRX100シリーズだ。RX100は、DSLRに匹敵する画質で、カメラ市場で旋風的な人気を集めた。1インチセンサーで高画質写真と映像撮影が可能だということを証明しただけに、シャオミ12Sウルトラがスマートフォンカメラの性能を一段階引き上げるだろうという期待感が形成されている。シャオミ12Sウルトラは中国でのみ販売され、価格は仕様によって5999元(約116万7000ウォン、約12万1815円)から始まる。

一般的にイメージセンサーは大きければ大きいほど写真撮影に有利だ。センサーが大きければそれだけ多くの光を受け入れることができるため、低照度環境でも鮮明な写真を撮るのに有利だ。反面、製品が厚くなり重さが増えるという短所を持っている。一般カメラには大きな問題にはならないが、厚さ1㎝未満のスマートフォンには致命的短所になりうる。シャオミ12Sウルトラの厚さは9.06㎜で、他のスマートフォンより厚い。重さも225gと重い方だ。ある業界関係者は今月7日「カメラ画質だけでなくスマートフォンデザイン、重さなどすべての要素を考慮して仕様を決める」とし「大きなセンサーを使うことは技術誇示用にはなりうるが大衆性は落ちる恐れがある」と述べた。

先立ってサムスン電子は業界で初めて2億画素イメージセンサー「アイソセルHP3」を披露した。画素が多いほどディテールが豊富な結果を得ることができる。代わりにピクセルのサイズが小さくて干渉現象が生じ、ノイズが増えるなど画質低下が発生する恐れがあるという短所も抱いている。これを克服するために周辺にある複数のピクセルを束ねる「ピクセルビーニング」技術を使ったりもする。

アイソセルHP3は今年末に量産される予定だ。まだどのスマートフォンに使うかは確定していない。過去1億800万画素イメージセンサーもシャオミで一番先に採用した点を考慮すれば、今回もシャオミが先に導入する可能性がある。一部ではサムスン電子がハードウェアスペック競争力強化のためにGalaxy S23に2億画素カメラを電撃導入できるという予想も出ている。サムスン電子とソニーのイメージセンサー市場シェアの格差は徐々に縮まっている。市場調査会社のTSRによると、2019年ソニー48.4%、サムスン電子18%で30.4%ポイントだった格差は、2021年ソニー43%、サムスン電子19.7%で23.3%ポイントに縮まった。

参考記事:「我々が最高」サムスン電子VSソニー、イメージセンサー競争で更なる進化
参考記事:イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
参考記事:サムスン電子、超高画素イメージセンサーシェア上昇…首位ソニーを「猛追」

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080905/

EV分離膜製造企業のSKIET、ベトナムのビングループとグローバル市場拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080904/

米半導体装備、中国輸出規制の最大被害者はサムスン電子とSKハイニックス
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080903/

スペインでフォルダブルフォン販売6倍増…「Z Flip4」欧州での期待感高まる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080902/

サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080901/

Load More
TOP