サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す

ディスプレイ業界が中国企業の低価格攻勢で収益性が悪化したLCD市場から撤退し、有機発光ダイオード(OLED)事業にさらに集中し、プレミアム製品を中心に下半期の業況鈍化に対応する計画だ。韓国メディア「ヘラルド経済」が報じた。(写真:QDディスプレイ=サムスンディスプレイ)
原文記事:http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20220801000528

韓国2大ディスプレイ企業のサムスンディスプレイとLGディスプレイは最近、第2四半期の業績発表カンファレンスコールで、いずれも業績懸念の背景としてマクロ環境や消費萎縮、前方産業の需要減少などを挙げた。

サムスンディスプレイのチェ・グォンヨン副社長はカンファレンスコールで下半期の見通しと関連して「予想しにくい外部変化要因が多く業績変動性が例年より高いだろう」とし「ノート型パソコン市場も全般的な消費市場沈滞で逆成長が予想される」と述べた。

サムスンディスプレイは需要鈍化に対応するため、スマートフォンなど情報技術(IT)、大型量子ドット(QD)ディスプレイ、オートモーティブなどの全分野に及ぶ全製品有機発光ダイオード(OLED)フルラインナップを構築し、再跳躍の基盤を整えた。中長期的には拡張現実(AR)・仮想現実(VR)技術が採用されるメタバース市場を先取りしリーディングするという戦略だ。

チェ・グォンヨン副社長は「先制的な自主革新を通じてパンデミックや市場環境の不確実性にもかかわらず安定的な業績を上げられる体質を備えた」と強調した。

LGディスプレイもLCDパネル価格の下落などによって下半期の成長傾向が崩れると見て、LCD生産縮小など構造調整とOLED中心の成果拡大を通じて対応していく予定だ。収益性が落ちた事業は調整しており、LCDテレビパネルは生産を減らしており、国内生産は来年中に中止する計画だ。

LGディスプレイのキム・ヒヨン経営戦略グループ長は「競争力の側面で劣位であるLCD事業は今後競争力差別化が難しいと判断し、来年上半期までに事業縮小を計画している」とし「ただし中国工場のLCDラインはITと商業用パネルを中心に維持する計画」と述べた。

大型OLEDは透明OLEDなどを通じて市場を創出し、IT用ディスプレイはプレミアム領域を攻略する。小型OLEDはスマートフォンとスマートウォッチで成果拡大に乗り出し、車両用ディスプレイ事業も3年内に市場シェアを30%以上に拡大し、確固たる1位を守るという戦略だ。

一方、サムスンディスプレイは第2四半期、前年比12%増の7兆7100億ウォン(約7838億円)の売上と0.22%減の1兆600億ウォン(約1078億円)の営業利益を記録した。LGディスプレイは5兆6073億ウォン(約5700億円)の売上を上げ、19.5%減少し、営業損失4883億ウォン(約496億円)だった。

サムスンディスプレイとLGディスプレイの相反する業績は、LCD事業も影響を及ぼしただろうという見方が出ている。サムスンディスプレイは市場収益性が悪化すると、LGディスプレイに先立って今年上半期にLCD生産を中止した。

LGディスプレイは第3四半期の赤字持続後、第4四半期の反騰が予告される。サムスンディスプレイは下半期の業績防御を続ける見通しだ。ただ、業況への懸念は依然として残っている。

参考記事:年70%成長、AR・MRガラスを確保せよ…サムスンD・LGD、マイクロOLED育成へ
参考記事:テレビ需要鈍化懸念のなかでも…「QLED・OLED」プレミアムは「成長街道」
参考記事:LGパネル搭載のサムスンOLEDTVを見ることはできるか…サムスン・LG交渉難航

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP