LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける

LGディスプレイが次世代ディスプレイである「透明有機発光ダイオード(OLED)」で新市場攻略に乗り出すと5日明らかにした。韓国メディア「ブリッジ経済」が報じた。(写真:透明OLEDで実現したNFT作品=LGディスプレイ)
原文記事:https://www.viva100.com/main/view.php?key=20220805010001339

透明OLEDはバックライトなしに画素自ら光を放つOLEDの長所を極大化した技術だ。従来のガラス窓に代わるほど透明度が高く、薄く軽いため、多様な産業分野で活用度が高い。

現在、大型透明OLEDはLGディスプレイが全世界で単独供給中だ。LGディスプレイは2019年、透明度40%の55インチ透明OLEDを商用化した。

透明OLED市場の規模は毎年2倍ずつ増加し、今後10年内に10兆ウォン(約1兆268億円)台に成長する見通しだ。グローバル戦略コンサルティング企業のボストンコンサルティンググループ(BCG)は、全世界の透明OLED市場規模が2022年1000億ウォン(約103億円)台から2025年は3兆ウォン(約3082億円)台に続き、2030年には12兆ウォン(約1兆2328億円)台に達すると見ている。

LGディスプレイは幅広い拡張性を基に、ショッピングモールと商業空間などに使われるサイネージはもちろん、地下鉄などのモビリティ、事務空間、ホームインテリア、デジタルアートなどの様々な分野で透明OLEDの採用範囲を拡大している。

ショッピングモールに透明OLEDを採用する場合、「透明ショーウィンドウ」として活用できる。今年5月にオープンした京畿道城南市板橋(キョンギド・ソンナムシ・パンギョ)所在の「ラップ(Lab)オブパリバゲット」には透明OLED38台で看板、スマート売り場、アートウォールなどを設置した経緯がある。

鉄道のガラス窓に透明OLEDを採用するなどの拡張現実の実現も可能だ。LGディスプレイは2020年から中国北京、深圳、福州など主要都市の地下鉄と日本JR東日本観光列車に客室窓用透明OLEDを供給した。今年初めCES2022では斗山(トゥサン)ボブキャットが操縦席前面ガラスの代わりにタッチ式透明OLEDを搭載したミニ電気掘削機「E35e」、現代(ヒュンダイ)重工業の子会社アビカーズが自律走行ボート運転席フロントガラスに透明OLEDを採用した拡張現実ナビゲーションシステムなどのモビリティコンセプト製品を披露したりもした。

事務室の空間活用度も高めることができる。オフィス外壁の窓ガラスやパーティションに透明OLEDを採用する場合、広々とした全景を見ると同時にテレビ会議、プレゼンテーション、エンターテインメントなどの用途にも使用でき、開放感を与える効果もある。

LGディスプレイは今年6月には米国ラスベガスで世界最大の建築設計企業であるゲンスラー(Gensler)社とコラボした「透明パーティション(モデル名:M923デジタル)」をはじめインテリア専門企業「エクサイエンシー」と共に壁自体をディスプレイとして使える「会議室用透明OLEDソリューション(モデル名:Eクリスタル)」等を公開したりもした。

透明OLEDを家庭内の壁または家具と結合すれば、インテリアの高級さをさらに高めることができる。LGディスプレイが独自開発した「透明ギャラリー」は透明OLEDに高感度タッチ機能を実現した製品だ。家庭内の壁または家具と結合してモノのインターネット(IoT)ウォールパッドやメディアコンテンツを再生するギャラリーとして活用でき、審美性と機能性をすべて満たす。

透明OLEDはデジタルアート界でも注目されている。実際、今年5月に透明OLEDで実現した初めてのNFT作品である「人類の重要な記憶」が競売で620万ドル(約80億ウォン、約8億円)で落札された経緯がある。この作品はLGディスプレイが世界的メディアアーティスト「レピックアナドール(Refik Anadol)」とコラボし、民間宇宙飛行プロジェクト「インスピレーション4(Inspiration4)」で収集したデータを人工知能で再解釈した作品だ。

参考記事:サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
参考記事:LGディスプレイ、透明OLED開発に向けたエコシステム構築に向け足早に動く
参考記事:「次は鉄道だ」…LGディスプレイ、透明OLEDの大衆化に向けアクセル

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP