ポスコホールディングス、ポーランドに二次電池リサイクル工場を竣工

ポスコホールディングスが25日(現地時間)、ポーランドのブジェクドルニシに二次電池リサイクル工場「PLSC」を竣工したと明らかにした。韓国メディア「ファイナンシャルニュース」が報じた。(写真:ポスコホールディングス)
原文記事:https://www.fnnews.com/news/202208260904402222

ポスコホールディングスのユ・ビョンオク エコ未来素材チーム長は「リサイクル事業はエコバッテリー好循環経済の中心軸でありポスコグループが推進する二次電池素材事業の核心」とし「リサイクル事業を持続的に拡大し企業の社会的責任の先頭に立ち同時に二次電池素材原料競争力を確保していく」と述べた。
ポスコホールディングスは、電気自動車市場の拡大による二次電池リサイクル市場の成長と世界各国の政府及び主要顧客会社の二次電池リサイクル原料使用義務化要求に対応するため、昨年3月に二次電池リサイクル子会社のPLSCを設立し、二次電池リサイクル固有技術を保有している国内メーカーのソンイルハイテックとコラボして工場を運営する。

昨年10月、工場着工後10ヵ月ぶりに竣工したPLSCは、年産7000トンの生産能力を備えた二次電池リサイクル工場で、欧州のバッテリー製造過程で発生する廃棄物であるスクラップと使用済みバッテリーを回収、粉砕して粉状の中間加工品(ブラックマス)を作り、ここでリチウム、ニッケル、コバルト、マンガンなどを抽出するポスコHYクリーンメタルに供給する予定だ。

一方、ポスコグループは2010年に二次電池素材事業に進出して以来、核心原料であるリチウム、ニッケル分野で持続的な投資と技術開発を進めており、2030年までに安定的な二次電池素材バリューチェーンを構築し、リチウム30万t、ニッケル22万t、正極材61万t、負極材32万tを生産して売上41兆ウォン(約4兆1956億円)を達成する計画だ。

参考記事:ポスコHDとSKオン、二次電池事業におけるバリューチェーン全分野で協力合意
参考記事:韓国バッテリー素材メーカー、グローバル完成車メーカーと「連合戦線」構築
参考記事:サムスンSDIとポスコ「全固体電池」生産ライン構築…次世代技術へ投資加速

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP