パウエル議長の一言に…韓国経済「スタグフレーションへの恐怖」が深刻化

3回連続で「ジャイアントステップ(一度に基準金利を0.75%引き上げ)」を断行する可能性もあるというジェローム・パウエル米連邦準備制度(Fed・連準)議長発言の波紋が韓国経済にも及んでいる。米国が基準金利を大幅に引き上げれば、韓国の為替相場や物価、金利などに影響を及ぼし、スタグフレーション(景気低迷の中での物価上昇)への懸念をさらに刺激することになる。韓国メディア「デジタルタイムス」が報じた。(写真:韓国銀行のイ・チャンヨン総裁=聯合ニュース)
原文記事:http://www.dt.co.kr/contents.html?article_no=2022083002100658058001

先月26日、米国ワイオミング州ジャクソンホールで開かれた経済政策シンポジウム(ジャクソンホールミーティング)でパウエル議長は「もう一度異例的に大幅な金利引き上げが適切かもしれない」とし「止まったり休んだりする地点ではない」と明らかにした。これに伴い、6月と7月の2ヶ月連続「ジャイアントステップ」を踏んだが、9月の会議でも3回連続ジャイアントステップに出る可能性が大きくなったと市場は解釈している。現在、韓国(年2.50%)の基準金利は、米国の基準金利(年2.25~2.50%)の上段と同じ状態だ。9月に米連邦準備制度理事会がジャイアントステップを決定すれば、米国(3.00~3.25%)の基準金利の上段が韓国より0.75%高くなる状況になる。

米国が基準金利を追加で引き上げる場合、ドル高傾向は加速化する見通しだ。ドル高はさらにウォン安になる(ウォン・ドル高)。企画財政部が29日午前、予定になかった市場状況点検会議を開き「当分の間、市場状況に対する注意深いモニタリングと対応が必要だ」と公開したのはウォン安を防ぐためのものと見られる。ウォン安は輸入物価を引き上げ、国家物価の上昇圧力として作用する。ウォン安ドル高が進めば、政府が予想する9月や10月の物価頂点論も水の泡となりかねない。

また、米国の基準金利が韓国を大幅に上回れば、国内資本市場に投資された外国人投資資金が流出する可能性が高い。韓国銀行のイ・チャンヨン総裁が27日(現地時間)ロイター通信とのインタビューで「韓国銀行の通貨政策が韓国政府からは独立したが、米連準の通貨政策から完全に独立したわけではない」とし「米国より金利引き上げを先に終了するのは難しい」と明らかにしたのはこのためだ。

韓国銀行の基準金利引き上げは、市中金利を引き上げ、消費と投資を萎縮させ、景気に悪材料となっている。スタグフレーション(経済不況の中、物価上昇)への懸念も高まっているわけだ。韓国経済研究院は最近発表した「スタグフレーション経験と政策的示唆点」報告書で、韓国の今年下半期の経済成長率が2%台前半まで下がればスタグフレーションに進入する可能性が大きくなると分析した。

韓国銀行のイ・チャンヨン総裁は28日、「韓国の物価上昇率が引き続き5%よりさらに上にとどまるなら、米連邦準備制度(Fed・連準)のジェローム・パウエル議長のように韓国銀行も物価安定を優先しなければならない」と明らかにした。イ総裁はこの日、ジャクソンホール会議が開かれる米国ワイオミング州ジャクソンホールでブルームバーグテレビとのインタビューで0.5%ポイント金利引き上げの可能性を尋ねる質問に「あらかじめ約束したくはない。このような不確実性を考慮すれば、データに基づいて決定しなければならない」とし、このように述べた。

これに先立ち、韓国銀行は先月25日に基準金利を年2.50%に0.25%引き上げた。イ総裁はその後の記者懇談会で、「当分、基準金利を0.25%ポイントずつ徐々に引き上げる」と言及した。

最近、連準が年内に3回連続基準金利を上げると予測され、韓米金利差再逆転に対する憂慮も出ている。イ総裁は「金利格差自体が私たちの主な政策目標ではないが、米国金利が(韓国より)高くなれば明らかにウォン切り下げ圧力になる」とし「ウォン切り下げは韓国物価上昇率を高めるだろう」と話した。その一方で、韓国銀行が特定為替レート目標を持っているわけではないとし、市場に任せるという立場を再度明らかにした。彼は「過度な金利格差は理想的ではないだろう」とし「だが、私たちは為替レートが動くよう許容しなければならず、ウォン切り下げの間接的影響を通じて韓国のインフレーションに集中しなければならない」と話した。

イ総裁は韓国物価上昇率が来年末までに3%以下に下がると見ているとしながらも、インフレが粘り強く高い水準に留まる場合、通貨政策正常化は市場期待より長くかかると見通した。彼は経済予測に不確実性を加える要素として国際原油・天然ガス価格、中国の新型コロナウイルス政策と米国・中国の景気鈍化を挙げた。

また、韓中貿易関係の変化と関連して「(中国が技術発展で)韓国の競争者になっている」とし「『世界の工場』として中国で韓国が本当に利益を得た時期は終わっていく。韓国は新しい世界サプライチェーンに適応しなければならない」と説明した。イ総裁は各国中央銀の物価対応ができなかったという批判に対して「(コロナ19拡大初期の)当時は皆がまた別の世界金融危機に対して心配した。今になってインフレが予想より高いと批判することに対し、私は複合的な見解だ」と述べた。

参考記事:米国の利上げで警戒感…韓国経済「パーフェクトストーム」の可能性は
参考記事:止まらないウォン安…長期化も懸念され緊張感が高まる韓国経済
参考記事:韓国経済に「パーフェクトストーム」迫る…スタグフレーション「警告灯」

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP