バス停にGalaxy Z Flipが…スマートフォン再生に乗り出したサムスン

最近ベルギーの主要通りにあるバス停にはサムスン電子「Galaxy Z Flip4」を模した形の椅子が置かれている。Flip4を折りたたんだ形もあり、90度に広げた形もある。画面を広げて折りたためるFlip4の代表機能を視覚的に見せてくれたのだ。韓国メディア「韓国経済」が報じた。(写真:ベルギーのバス停留所に設置されたサムスン電子GalaxyZflip4の形のイス=サムスン電子)
原文記事:https://www.hankyung.com/economy/article/202210107129i

10日、サムスン電子によると、同社は最近「Galaxy Z Flip4」販売のためのグローバルマーケティングを強化している。海外諸国でFlip4の販売が昨年に披露した前作(Flip3)より増える傾向を考慮した決定だという。「波が来たときうまく乗っかれるように」製品に対する関心を高める方案としてマーケティングに集中投資するという方針だ。

ベルギーの主要バス停に披露したFlip4椅子構造物が代表的な例に挙げられる。サムスン電子ベルギー法人はブリュッセル名品通りルイス街、エントワープ、オペラ通りなどにあるバス停にFlip4形で製作した椅子構造物を設置した。別名「4D(4次元)マーケティング」だ。椅子として座る機能を維持しながらも、展示物で視覚的な効果まで出すようにした。折りたたみ椅子の構造物には「Flipミーオープン(Flipを開けてください)」という説明が入っている。折りたたんだり広げたりできる製品機能を自然に広報しようという趣旨だ。

サムスン電子関係者は「大型広告板に製品外観写真を大きく入れる方式の一般的なマーケティングとは明確に違う」とし「『誰が見ても』特別な印象を持つよう創意的なマーケティングを強化する」と述べた。サムスン電子はインドネシア、日本などでも異色のマーケティングを続ける計画だ。

サムスン電子がこのようにFlip4マーケティングに力を入れるのは、停滞したスマートフォン事業を生かそうとする戦略からだ。グローバル景気低迷による消費萎縮はサムスン電子のスマートフォン事業に直撃弾となった。市場調査会社のカウンターポイントによると、今年第2四半期の世界スマートフォン市場出荷量は前年同期より9%減少した2億9450万台を記録した。四半期出荷量が3億台以下に落ちたのは2020年第2四半期以後初めてだ。ついにサムスン電子も年明けに決めた今年の販売目標を下方修正した。今年8月にはベトナムスマートフォン工場の生産規模まで減らした。

それさえも今年8月に発売したGalaxy Z Flip4・Fold4が海外で市場予想より良い業績をおさめ、慰めになっているという伝言だ。サムスン電子は年末までに同シリーズの販売を最大化する計画だ。サムスン電子内部では「Flip4を浮かべスマートフォン事業の雰囲気を最大限に生かしてみよう」という話が出ている。

参考記事:サムスン新型「Galaxy Z Fold・Flip4」シワ改善&バッテリー性能アップ
参考記事:1500万台を販売目標のサムスンフォルダブルフォン、目標達成に「赤信号」
参考記事:サムスン電子、3Qのフォルダブルフォン市場シェア85%…新製品効果で上昇

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP