日本の半導体企業JSR、韓国法人の持分をすべて買収

日本の半導体化学素材企業JSRが韓国生産・研究開発(R&D)現地化のためのエンジンをかけた。サムスン電子・SKハイニックスなど国内素材半導体大企業を側面支援するための準備作業に着手したのだ。日本は米国の中国「半導体屈起」牽制など激しいグローバル半導体覇権戦争で優位を占めるために韓国・台湾など友好国と積極的に協力している。韓国メディア「ソウル経済」が報じた。
原文記事: https://www.sedaily.com/NewsView/26CDX507TZ

17日、JSRは韓国にある子会社「JSRエレクトロニックマテリアルズコリア(JEMK)」の持分をすべて買収すると明らかにした。JEMKはJSRが2014年、国内所在流通会社であるフェリー(PERI)コーポレーションと合弁して作った会社だ。JSRはサムスン電子・SKハイニックスなど韓国半導体顧客会社に半導体素材を容易に供給するために会社を設立した。当時、フェリーは全体持分の60%、JSRは40%を投資してJEMKを立てた。JSRは今回の買収で8年ぶりにフェリーの持分を全量獲得した。今回のJSRの買収は会社の半導体主要素材生産・研究現地化を本格化するための事前準備作業と見なされる。JSRは最先端半導体工程である極紫外線(EUV)露光の核心素材であるフォトレジストを生産する会社だ。特にサムスン電子チップ委託生産(ファウンドリ)事業部がJSRのEUV素材を活用している。生産施設とR&D設備が韓国に備えられれば、サムスン電子とSKハイニックスは生産ライン運営と先端製品開発で優位に立つことができるようになる。JSR関係者は今回の買収に対して「会社は半導体素材事業で国際的協力を強化し各種製品を速くて円滑に供給できるシステムを作っていく」と説明した。

JSRの他に東京應化工業・住友化学・東京エレクトロンなど屈指の日本企業が国内半導体素材・部品・装備供給網進入を試みている。米国の中国半導体市場の牽制による対外不確実性の増大、各種サプライチェーン危機に対応しようとする動きだという診断が出ている。

参考記事:輸出規制で損をした日本、依然技術が必要な韓国…半導体相互協力に共感
参考記事:サムスンディスプレイ、QD量産間近…主要素材は日本のJSRから供給
参考記事:韓国クムホ、JSRからクムホポリケムの株式50%を146億円で買収

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP