ジェネシスのEV「GV70」、ドイツ専門誌評価で1位…テスラ・フォードを抜いた

ジェネシス「GV70」電動化モデル(EV)が、ドイツ専門メディアのアウトビルトが最近行った電気自動車モデルの比較評価で、ライバル車種を抜いて1位になった。韓国メディア「電気新聞」が報じた。(写真:ジェネシスG70=現代自動車グループ)
原文記事:https://www.electimes.com/news/articleView.html?idxno=312008

11月27日、現代(ヒュンダイ)自動車グループによると、GV70は今回の評価でテスラモデルY、フォードマスタングマッハ-E GTとの競争で総合点数が最も高かった。今回の評価は車体(ボディ)をはじめ、利便性、パワートレイン、走行性能、コネクティビティ、環境配慮性、経済性の7項目を調べた。

GV70は利便性と走行性能、コネクティビティで最高点を受け、総合点数569点を受けた。モデルYは561点、マッハ-E GTは509点を獲得した。特にサスペンション性能と先進運転支援システム(ADAS)などで優位を占め、利便性項目だけでライバル車に比べて20点以上高い点数を受けた。

GV70電動化モデルは最大出力160kW、最大トルク350Nmの力を発揮するモーターを電輪と後輪にそれぞれ採用し、合算最大出力320kW(ブーストモード時360kW)、合算最大トルク700Nmの動力性能を備えており、77.4kWhバッテリーを搭載して1回の充電時400kmの最大走行可能距離(国内認証基準)を誇る。

現代自動車グループの電気自動車専用プラットフォームであるE-GMPを採用したアイオニック5・EV6などがライバル車種より高い評価を受けたのに続き、今回に派生電気自動車モデルも競争力を立証された。アウトビルトはドイツの3大自動車マガジンの一つで、欧州全域の消費者に大きな影響力を及ぼすメディアだ。

参考記事:米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
参考記事:グローバルEV市場、走行距離・充電時間の無限競争でEV大衆化に拍車かかる
参考記事:エコカー全盛時代…電気自動車時代の幕開け「2022年度車産業の見通し」

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP